スバル・トレジア、マイナーチェンジで新エンジンへ

トヨタ・ラクティスが、同社のヴィッツに搭載されたばかりの1.3リッター・アトキンソンサイクルエンジンを採用するなどのマイナーチェンジをしています。そして、ラクティスのOEMモデルであるスバル・トレジアも同様の改良を受け、2014年5月30日から発売されることが発表されています。

tr145021280

マイナーチェンジのポイントは新開発エンジンだけではありません。

スバルらしいヘキサゴングリルとハニカムメッシュのフロントグリル、ピアノブラック調センターパネルの採用などで内外装をリフレッシュ。機能面ではスーパーUVカット+IRカット機能付フロントガラスや緊急ブレーキシグナルなどを採用しています。

そして、新エンジンを積んだ1.3リッターグレードは21.8km/Lという従来から1割以上も向上させた燃料消費率となっています。また、1.5リッターグレードも含め、2WD全車アイドリングストップ機能付きとなり、1.5リッター2WDの燃料消費率は20.3km/Lとなります。なお、1.5リッターAWDの燃料消費率は16.6km/Lとなっています(いずれも燃料消費率はJC08モード)。

メーカー希望小売価格は、1,628,000円~2,131,000円。2WDは全車エコカー減税の対象となっています(自動車取得税80%、重量税75%減税)。 

(山本晋也)