スバル新型WRX STI日本が後回しの理由とは?

大好きです。一日も早くお目にかかれることを楽しみにしています。でも、ちょっとジラしすぎなんじゃないですかね? 1秒でも早く会いたいのに。

なんのことかって? スバルの新型WRXのことに決まっているじゃないですか。

SUBARU040509-01

 日本では未発表(1月のオートサロンにシレッとニュル仕様のSTIが展示されていたけどね)ながら、海外のショーではすでにバシバシ登場しているどころか海外メディアには試乗記まで掲載されている、次期WRX。インプレッサをベースに戦闘力を高めたハイパフォーマンスセダンです。

今回は、そんなWRXについてです。

SUBARU040509-02

実はWRXには2タイプあるのを知っていますか?

ひとつは「WRX」。いわゆる“普通のモデル”で、次期型にはDIT(直噴エンジン)の2.0Lターボを積んでいます。

もうひとつは「WRX STI」。こちらは高性能バージョンで、次期型(海外仕様)では伝統のEJ型、2.5Lターボエンジンを搭載。

ですが、日本で用意されるのは現行型同様に高性能仕様の「WRX STI」だけなのだとか。

いやそれは別にいいんです。もし速い仕様が日本で用意されないってことになれば多くのスバリストは発狂してスバル本社に向かってデモ行進とかしちゃうかもしれませんが、「WRX」がなくても高性能の「WRX STI」があるなら大きな問題はないでしょう。

でもね、穏やかでいられないのは発売時期。

冒頭に書いた通り、北米やヨーロッパで「WRX」や「WRX STI」がお披露目されているだけでなく、アジアにおいてもタイではなんと右ハンドルの「WRX」が正式発表されて受注もはじまっているんですよ。右ハンドルもちゃーんと開発が進んでいるんですね、

よかったよかった……じゃなくて、何かお忘れではありませんかスバルさん。

おーい、日本はどうしたー? スバルって日本の会社じゃなかったの? いつまで待たせるのー? 

SUBARU040509-03

ボクもひとりのWRXファンとして、日本でのWRX(WRX STI)の正式発表を今か今かと待ち望んでいるんです。ジラされちゃっているんです。この昂った気持ちをどうしてくれるの?

 実は、日本は後回しになっているのにはそれなりの深いふかーい理由があるのです。

知りたいですか? じゃあ今日は特別に書いちゃいましょう。

最大の理由はレヴォーグの存在。

スバルは、日本のために開発したレヴォーグをしっかりと日本に根付かせて、たくさん売ろうと頑張っているところ。国内市場向けのモデルだけに、日本での失敗は許されないのは当然ですよね。

とにかくレヴォーグの船出を最優先に考え、成功させないといけない。メディアにもレヴォーグをバンバン露出しないといけない。だから、レヴォーグに集中する(させる)ために、WRXに関してはレヴォーグが落ち着いてからというわけなのです。

具体的にはいつか?

スバルからのコメントは「ちゃーんと出ますからお待ちください」というもの。

勝手に予測すると、レヴォーグのデビューイベントがひととおおり終わった夏くらいでしょうか?
あくまで予想なので、外れても怒らないでくださいね。

SUBARU040509-04

関連記事
■スバルのスポーツフラッグシップ新型WRXがアメリカで公開【ロスアンゼルスオートショー2013】
https://clicccar.com/2013/11/21/237643/

■タイで発表されたスバル新型WRXがいままでと違う部分は?
https://clicccar.com/2014/04/05/251305/

■スバル新型 「WRX STI」 をワールドプレミア!【デトロイトモーターショー2014】
https://clicccar.com/2014/01/15/243846/

■新型WRX STIベースのニュルブルクリンク24時間レース参戦車両が登場!
https://clicccar.com/2014/01/10/242571/

(工藤貴宏)