ボルボとポールスター社による共同開発「S60/V60 Polestar」登場

1996年の設立以来、BTCC(イギリスツーリングカー選手権)やWTCC(世界ツーリングカー選手権)などにボルボ車で参戦してきたポールスター社は、ボルボ・カー・グループのオフィシャルパートナー。

VOLVO_POLESTA_S60_V60_01

ボルボとポールスターとの共同開発でコンプリートカーが市販されるのは、すでにアナウンスされていましたが、今年初秋より発売される予定の「S60 Polestar」、「V60 Polestar」の予約注文の受付がスタートしました。

両モデルともに台数限定で、799万円の「S60 Polestar」は30台、819万円の「V60 Polestar」は60台。「S60/V60 T6 AWD R-DESIGN」がベースで、ポールスター社がスペシャルチューニングを施しており、エンジンは3.0Lの直列6気筒ターボの「T6エンジン」に、新たにツインスクロールターボとインタークーラーを装着。

VOLVO_POLESTA_S60_V60_03VOLVO_POLESTA_S60_V60_06

専用コンピュータプログラムも組み込まれ、350ps/5700rpm、500Nm/2800rpmと、ベース車の304ps/5600rpm、440Nm/2100-4200rpmでも動力性能は十分以上ですが、大幅に引き上げられています。

組み合わされる6ATもシフトプログラムが変更され、ハルデックス製4WDシステムもより積極的に後輪に駆動力を振り分ける専用チューニングを実施。0-100km/h加速は4.9秒で、最高速は250km/hに達した時点でリミッターが作動。

VOLVO_POLESTA_S60_V60_05 VOLVO_POLESTA_S60_V60_04

当然ながらシャーシも引き締められており、「S60/V60 T6 AWD R-DESIGN」が装着するスポーツサスペンションよりもスプリングレートを80%高めているとのこと。

ショックアブソーバーは専用のオーリンズ製で、20インチのポールスター専用アルミホイールと245/35R20タイヤを装着。さらに、371mmのフロント・ベンチレーテッドディスクとブレンボ製6ピストンキャリパーを装備し、パワーアップにふさわしいハードな足まわりと制動力を手に入れています。

VOLVO_POLESTA_S60_V60_02

ライバルはアウディS4/S4アバントあたりでしょうが、動力性能でライバルを上回りながら価格は20万円以上安価な設定で、魅力的な選択肢になりそうです。

(塚田勝弘)