自社製エンジン搭載のボルボS60は燃費も速さも【ボルボS60試乗記01】

ボルボはフォードから中国のジーリー傘下になってもフォードグループのエンジンを使ってきましたが、今回新たにセダンのS60、ステーションワゴンのV60、SUVのXC60にボルボが自社開発した新開発2.0Lの直列4気筒直噴ターボエンジンが追加されています。

VOLVO_077

ボルボは新世代パワートレーンを「Drive-E」と呼びますが、少しややこしいのが直列4気筒エンジンでも(直列5気筒ではないのに)、出力に応じて「T5エンジン」と呼ぶ点。JC08モード燃費は23%改善されて14.6km/Lを達成しています。

なお、S60とV60の1.6L直噴ターボの「T4」、304ps/440Nmの3.0L 直列6気筒ターボの「T6」も従来どおり用意されていますから、「T5 SE」と「T5 R-DESIGN」が追加された形になります。

VOLVO_015

245ps/350Nmは、BMW328iの245ps/350Nmと偶然か狙ったのかは分かりませんが同値で、スペックからも十分な速さがうかがえます。

燃費は320iが16.6km/L、328iが15.2km/Lと3シリーズよりも分が悪いですが、アメリカとヨーロッパの燃費モードでは上回っているとのこと。

VOLVO_010 VOLVO_040

エンジンについて見どころが満載なので、後日報告します。実際に走りだすと、「ECO+モード」というボルボ初の省燃費走行モードでも十分過ぎるほどのトルク感と高速域のパンチ力を味わえます。

また、同モードには、65km/h〜140km/hでエンジンとトランスミッションを切り離し、惰性で走れるコースティングモードに切り替わることで燃費を向上させる「ECO COAST」も用意。その作動具合は自然で、最初にそうした機能があることを教わらないとなかなか気がつかないかもしれません。

また、「ECO+モード」は、エンジンや変速、エアコンやアイドリングストップのマネジメントを変えることで、最大で5%程度の燃費向上を見込めるそう。

ですが、BMWの「エコプロモード」と比べるとトルクとパワーの「落ち感」は低く、もっとエコモード寄りの走行モードがあっていいかも、と思えるほどトルクフル。

VOLVO_031

なお、トランスミッションは従来のDCTではなく、アイシン製の8速ATに変わっています。こちらは超がつくほどスムーズで、100km/h走行時は8速で1500rpm前後と低く、当然ながら静粛性も兼ね備えています。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘 近影

塚田勝弘

1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年・・・