自衛隊の水陸両用部隊がスゴい! 島嶼防衛の3段階とは?【動画】

このひとたち強そうですねぇ。いや、まちがいなく強いですよ。これ、陸上自衛隊の広報動画なんですね。島嶼部に対する攻撃への対応をアピールする内容になっています。JGSDF_01

島嶼部への攻撃に対しては、3段階の対策が重要だということをアピールしています。「平素からの部隊等配置による抑止体制の確立」「実力部隊の緊急的かつ急速な機動­展開」「水陸両用部隊による奪回」の3つです。

まぁ、「平素からの部隊等配置による抑止体制の確立」に関しては、あまり動的な要素がないので、イメージ映像で終わっていますが、ようするに国境に近い島嶼部周辺に自衛隊の部隊を配置しておき、攻撃に対する抑止力にしようというものですね。もちろん攻め込まれなければそれにこしたことはないわけですから。しかし配置されている部隊のひとたち、ヘルメットになにかつけてますね? GoPro? いやいやもっと大きなものです。なにかしらのハイテク装備っぽいですね。いわゆるウェアラブルデバイスの一種でしょうか。

そして、「実力部隊の緊急的かつ急速な機動­展開」からはガンガンいきますね。それこそスピード勝負でしょうから。輸送機などによる1次展開部隊、海上輸送による2次展開部隊ときますが、なかでもホバークラフトは圧巻ですね。車両を横3列に並べて輸送できるんです。

増援部隊としての3次展開部隊では「ナッチャンWorld」というなんかユルいカラーリングの双胴船なども出てきますが、ナメちゃいけません。これ速いらしいですよ。いっぱい積めるし。もともと青函航路に使われていたフェリーですが、離島奪回の際には即応機動に活用されるようです。それにしても個人的に印象的なのは3番目「水陸両用部隊による奪回」。

 JGSDF_02

なんの訓練かよくわかりませんが、ガンガン水の中入ってますよ。しかもシートベルトつけたまま逆さまになったりして。鼻に水入るんですよね、これ。ひとによってはうまく唇を上にとがらせて鼻の穴をふさぐこともできますが。そして極めつけは、穏やかとはいえない海にヘリコプターから次々と飛び降りていくではありませんか! 着衣ですよ。シュノーケルもナシですよ。こりゃ気合い入ってますわ。よく訓練受けて、そうとう鍛えられてそうですね。

なんか、こういうところでも日本人の勤勉さ、忍耐強さ、きめ細かさが存分に発揮されてそうです。こんなひとたちと戦いたくないですね。味方でよかったー。

統合機動防衛力に向けた取り組みほか、陸上自衛隊の情報は下記のサイトで見られます。
http://www.mod.go.jp/gsdf/about/roles/

(まめ蔵)

この記事の著者

まめ蔵

まめ蔵 近影
東京都下の農村(現在は住宅地に変わった)で生まれ育ったフリーライター。昭和40年代中盤生まれで『機動戦士ガンダム』、『キャプテン翼』ブームのまっただ中にいた世代にあたる。趣味はランニング、サッカー観戦。好きな酒はビール(夏場)、日本酒(秋~春)、ワイン(洋食時)など。苦手な食べ物はほとんどなく、ゲテモノ以外はなんでもいける。所有する乗り物は普通乗用車、大型自動二輪車、子供2人乗せ自転車。得意ジャンルは、D1(ドリフト)、チューニングパーツ、極端な機械、サッカー、海外の動画、北多摩の文化など。