ジュネーブモーターショー2014に3代目アウディTT登場!

スイスで開催中のジュネーブモーターショー14 プレビューイベント「VWグループ・ナイト」でアウディが3代目となる新型「TT」をワールドプレミアしました。 

Audi_TT

初代モデルは1998年に登場。バウハウス的なデザインで大きな話題に。エクステリアデザインはドイツ系アメリカ人によるものでした。 

8年後となる2006年登場した2代目TTは初代の丸みを帯びたふくよかなフォルムをやや引き締め、フロントマスクも初代のファニーな表情から一転、精悍なイメージとなって登場。 

そして今回の3代目TTは2代目の雰囲気を色濃く残しながらも、「シングルフレーム」のグリルに6角形のアイコンを取り入れた近年のアウディシリーズの様式を採用。

Audi_TT

今年1月のデトロイトモーターショー14に出展された「オールロード シューティングブレーク」のフロントマスクが反映されています。 

Audi Audi

インテリアでは「バーチャルコクピット」と称する新開発のデジタルディスプレイが採用されており、インパネクラスター内に12.3インチのTFTモニターを設定。 

エアコン吹き出し口の丸型べゼル内はジェットエンジンのタービンブレード風のデザインに。べゼル中央にはエアコンの設定温度や吹き出しモードなどを表示。 

Audi_TT

NAVI画面はドライバー正面のメータークラスター内に収められており、メーター類の画面をNAVI画面に切り替えることで表示される方式に。 

直噴2.0L直4ターボの「TFSI」エンジンを搭載、最高出力230ps、最大トルク37.7kgm/1600-4300rpmを発生。 

FFモデルの6MT仕様は0-100km/h加速6.0秒、4駆のクワトロモデルは6速Sトロニック仕様で0-100km/h加速5.3秒の実力。共に最高速は250km/h(リミッター作動)となっています。

さらに上級モデルのTTSに搭載される2.0 TFSIエンジンは310psの最高出力と38.7kgmの最大トルクを発揮。0-100km/hを4.7秒で加速。

日本への導入時期は未発表ながら、2代目が2006年に発売されていることから早ければ年内、遅くとも来春までには400万円台前半~の価格で発売されると予測。

Audi_TT

初代のデザイン思想を継承しつつ2代目から正常進化を遂げた新型アウディTTの日本発売が待たれます。 

〔関連記事〕
アウディTT公開直前フルヌードスクープ!
https://clicccar.com/2014/03/04/248406/ 

 (Avanti Yasunori

【画像ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】 https://clicccar.com/?p=248515

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。