フル乗車だとパワー不足か!?【日産エクストレイル試乗記02】

マツダCX-5に「SUVナンバー1」の座を譲り渡した日産エクストレイルですが、新型で当然ながら巻き返しを図っているはず。CX-5といえば、ガソリンもありますが、クリーンディーゼルのトルクフルな走りと18.6km/Lという低燃費が高く評価されています。

nissan_x_trail_01

新型エクストレイルは、2.0LのMR20DDエンジンのみで、クリーンディーゼル搭載車は旧型エクストレイルとして併売されます。

nissan_x_trail_03

2.0LのNAガソリンエンジンは、直噴化と圧縮比を高め、吸排気効率を高めるツインVTC化、フリクションロスの低減などを行っています。

先代の137ps/200Nmから147ps/207Nmにアップしつつ、燃費も12.0km/Lから16.4km/Lと大きく向上させ、「75%減税」をクリア。

なお、CX-5の2.0Lガソリンも16.4km/Lですからライバルにピタリと照準を合わせているのがよく分かります。

ただしCX-5は6ATで、エクストレイルは改良を受けているとはいえCVTですから、個人により好みがあるとはいえ、ダイレクト感では少しCX-5に分があるかなと思います。

nissan_x_trail_02

しかし、パワーアップして燃費も高くなり、ボディの剛性感も高く、乗り心地も良好となると「いうことナシ!」のようですが、乗ってみるとスペックほどの速さは感じられません。

重量は先代とほとんど変わっていないのを考えると、出力特性は燃費に振ったのかな? と思われます。もちろん、普段使いで普通に乗る分には不足はないですが、7人乗り仕様はもちろん、5人乗り仕様でも定員に近い人数が乗ると、シーンによってはパワー不足を抱かせることがあるかもしれません。

nissan_x_trail_04

運転席の右下という、操作しにくい場所に配置されるECOスイッチをオフにしてもパワーアップを感知することが難しく、むしろECOを常時オンにさせておいて燃費を稼ぐという考え方なのでしょう。

また、CX-5がクリーンディーゼルという飛び道具を備えているのと比べると、パワートレーンとしてはややもの足らないのも確かですが、悪路走破性などのSUVとしての総合力は高いですから、セールス的にはSUVナンバー1争いの明暗を分けるほどではないかもしれません。

(塚田勝弘)