これが日産のデザイナーがデザインしたロボットだ!【輪廻のラグランジェ×日産コラボレート】

アートカーのJukeと共に展示されるロボット vox aura
アートカーのJukeと共に展示されるロボット vox aura

すでにお伝えした輪廻のラグランジェ×日産コラボレートのアートカー版Jukeは10月18日から11月の中旬まで横浜にある日産グローバル本社のギャラリーに展示されいます。

 

 

『輪廻のラグランジェ』主人公の京乃まどかが乗るvox auraのヒューマンスケールモデル
『輪廻のラグランジェ』主人公の京乃まどかが乗るvox auraのヒューマンスケールモデル

そのアートカーJukeの横には、このJukeのデザインモチーフとなったロボット、『輪廻のラグランジェ』の主人公である京乃まどかが乗る「vox aura」のヒューマンスケールモデルが展示されています。膝や肩に、アートカーJukeのライト周りにあるデザインモチーフが見受けられますね。

 

 

vox auraのヒューマンスケールモデル
vox auraのヒューマンスケールモデル

手も足もあるので人型ロボットであることは間違いありませんが、いままでこんなデザインのロボットは見たことがありません。

 

 

vox auraのヒューマンスケールモデル
vox auraのヒューマンスケールモデル

これだけ先鋭的なデザインをしているにもかかわらず、全ての関節や稼動部分に無理や破綻が見受けられない。アニメ用のロボットだから、という言い訳が全く無いデザインです。

 

 

vox auraのヒューマンスケールモデル
vox auraのヒューマンスケールモデル

膝裏の造型などすぐに稼動モデルが作れるほど。

 

 

vox auraのヒューマンスケールモデル
vox auraのヒューマンスケールモデル

それもそのはず、このロボットをデザインしたのは日産自動車グローバルデザイン本部の大須田貴士さん。実際に自動車などプロダクトのデザインをされている方です。

見たことの無いカタチであっても動きのリアリティは伝わります。これが自動車デザイナーの実力というものでしょうか。さすがです。

『輪廻のラグランジェ』公式サイト
http://lag-rin.com/

日産自動車×ラグランジェ・プロジェクト「LAGRANGE meets NISSAN」
http://www.nissan.co.jp/ENTERTAINMENT/LAG-RIN/

2012年1月放送開始の新作TVアニメーション『輪廻のラグランジェ』に日産自動車がロボットデザインを提供
http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2011/_STORY/111016-01-j.html

(北森涼介)

この記事の著者

松永 和浩

松永 和浩 近影
1966年丙午生まれ。東京都出身。大学では教育学部なのに電機関連会社で電気工事の現場監督や電気自動車用充電インフラの開発などを担当する会社員から紆余曲折を経て、自動車メディアでライターやフォトグラファーとして活動することになって現在に至ります。3年に2台のペースで中古車を買い替える中古車マニア。中古車をいかに安く手に入れ、手間をかけずに長く乗るかということばかり考えています。