北米市場にもクリーンディーゼルの時代はやって来た

ドイツをはじめとする欧州では、クリーンディーゼルが乗用車の主流といわれて久しいですが、北米市場においてもクリーンディーゼルが主役となる予感です。

フォルクスワーゲン・グループが発表したところによると、アウディとフォルクスワーゲンのグループ全体で北米市場のクリーンディーゼル販売台数が2013年だけで10万台を超えたというのです。

TDICapitol

それだけ北米市場でもユーザーが選んでいるクリーンディーゼルですが、2013年11月におけるフォルクスワーゲンの売上に対して21%はクリーンディーゼルになっているほど高い比率になっているのです。

これだけの比率になっているということは、もはや物珍しさではなく、市場はクリーンディーゼルのメリットをしっかりと認知しているといえます。つまり、普及フェイズに入ってきたといえそうなのです。

また、ディーゼルエンジンの主要ユニットとなるコモンレールシステムの開発で知られるサプライヤーのボッシュは、2018年までにアメリカ市場の小型車におけるディーゼル比率が10%に達することは確実だろうと予測しています。

省燃費性能とパフォーマンスを両立させやすいというクリーンディーゼル。ディーゼルハイブリッドによる環境性能アップも相まって、欧州に続き、北米市場でも席巻しそうなイキオイと欧州系メーカーやサプライヤーは主張しているのです。 

■関連記事
デンソーが2500barの新製品を発売でクリーンディーゼルを支える「デンソーvsボッシュ」のコモンレール開発対決が激化!?
https://clicccar.com/2013/07/11/224549/

たった2年で25万台も北米で生産された“ドイツ車”VWパサートって?【動画】
https://clicccar.com/2013/05/27/221388/

(山本晋也)