「クルマ離れ」が加速するイタリアで自転車が売れまくり!

スマホなどの普及で利用料金が嵩むようになり、クルマの維持費(高い税金やメンテナンス費)まで資金が回らないことからクルマを持たない人達が増えている日本。 

しかし、これは日本だけの現象では無いようです。

FIAT_500

イタリアでは欧州経済が低迷する中、クルマの売れ行きが伸び悩んでおり、自転車が飛ぶように売れているそうで、販売台数でクルマを追い越したとか。 

2012年の新車販売台数が約140万台なのに対し、自転車は161万台を販売。こうした傾向はイタリアに限らず、スペインでも起きていると言います。 

経済情勢の悪化に加えて、環境志向の高まりなどを背景に、イギリスやドイツ同様、首都圏へのマイカー乗り入れを規制する動きが影響している模様。 

COLNAGOBIANCHI

ローマでは市の方針により、コロッセオ周辺から普通車両を排除、世界的に著名な古代遺跡を交通渋滞に起因する振動や汚染から守るべく、遺跡に面した道路の通行は自転車や公共交通機関を除いて全面禁止に。 

またミラノでは市の中心部に車で乗り入れるドライバーから5ユーロ(約650円)の通行料を徴収するなどの処置がとられています。 

この為、観光客は自転車貸し出しサービスを利用、会社員は自前の自転車で通勤するのが一般的なスタイルになっているそうです。 

自転車の販売増が続く一方で、クルマの数は年間3.5万台減少。免許を取得する受験者数も過去20年余りで最低水準に。 

高速道路の利用についてもミラノ・ローマ間をクルマで移動する場合、電車よりも2時間以上多めにかかる上、通行料が約5,000円と3割ほど高くつくことから、昨年は前年比で7.5%ほど低下。 

FIAT_500

こうした背景から、イタリアの年間乗用車販売台数は2011年が175万台、2012年は140万台(-20%)と減少傾向。 

今年1~10月の累計販売台数は前年同期比-8.0%の111万台で、年間販売台数は2012年を更に下回る130万台(-7%)程度に留まる見通し。200万台規模に回復するのは早くても2020年以降になる模様。

国家財政や環境対策の影響をモロに受けており、イタリアでは今後も自転車の増産が続きそうな状況にあるようです。

 〔関連記事〕
・フェラーリの希少モデル、27億円でTOMMY HILFIGERオーナーが落札!
 https://clicccar.com/2013/08/25/228749/

・アベノミクスで超高級車が売れている!? フェラーリ、マセラティ、
 ベントレーなど販売増!!
 https://clicccar.com/2013/05/11/219426/ 

・華やかなジュネーブモーターショーの裏側でいっそう厳しさを増す欧州新車市場 !
 https://clicccar.com/2013/03/12/215016/

・経済低迷で深刻さを増す欧州カーメーカーが目指す活路とは?
 https://clicccar.com/2012/09/20/199130/

Avanti Yasunori) 

 【画像ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】  https://clicccar.com/?p=235704

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事