ホンダはシビッククーペをお披露目【SEMAショー2013】

世界最大級の自動車アフターパーツのイベント「SEMAショー」において、ホンダは2014年モデルとして大きくフェイスリフトしたシビッククーペを公開しています。

am_cv1311001H

 北米マーケット専用といえる、シビッククーペ。そのニューマスクはグリル、ボンネット、フロントフェンダーとヘッドライトなど大がかりにデザイン変更を受けています。また、テールランプ、前後バンパー、ドアミラーとホイールも変更を受けました。

そのほか、「CR-Z」のHPD(Honda Performance Development)アクセサリー装着車やターボチューンされた北米モデルのオデッセイなど、さまざまなカスタマイズカーがSEMAのホンダブースには飾られています。HPDではCR-Z用のスーパーチャージャーキットも2014年春には発売するとアナウンス、これは日本のファンも気になるのでは?

 am_cr1311001H

ホンダUKが製作した、最高時速200km/hオーバーという世界最速の芝刈り機も展示され、華を添えているということです。

honda_fastest_mower2013001

■関連記事
ホンダ「HF2620トラクター改」画像ギャラリー ─ 世界最速の芝刈り機!
https://clicccar.com/2013/07/25/226090/

700馬力、5速MTのレクサスISがアメリカでデビュー!
https://clicccar.com/2013/11/04/235132/

ホンダが6年ぶりにアキュラブランドを復活か?
https://clicccar.com/2012/11/02/203673/

(山本晋也)