スポーツハイブリッド第2弾、ホンダ「フィット」は9月発売か?

ホンダが「アース・ドリームス・テクノロジー」 と称する3種類のスポーツハイブリッドの一つ、「 i-MMD( Intelligent Multi Mode Drive)」を新型「アコード」に搭載して6月21日に発売しました。 

そして9月6日(予想)にはスポーツハイブリッド第2弾として「 i-DCD( Intelligent Dual Clutch Drive)」を搭載した新型「フィット」を発表する模様です。

ホンダ スポーツHV 「i-DCD」搭載車

日経新聞によると、ホンダは3代目となる新型フィットの日本発売を皮切りに、同車をシリーズ化して米欧などで世界販売、2016年までに150万台規模に倍増させる計画といいます。 

1モーター方式で、トヨタ 「アクア」の35.4km/Lを上回る36.4km/L(JC08モード)の世界最高水準の燃費性能を達成予定で、現行比では約38%改善されることに。 

HONDA NEW Model

そんな新型フィットのスクープ画像をインドネシアのメディア「MOBIL MOTOR」 がWeb上で公開しています。 

現行2代目までの路線とはやや趣きの異なるフロントマスクを採用しているようで、そのデザインは2012年の北京モーターショーで東風ホンダが公開した次期ホンダストリームと思われる「Concept S」の流れを汲んでいるようです。

HONDA Concept S

現行モデルは低・中速走行時にエンジンとモーターを併用していましたが、新型ではモーター走行によりガソリン消費を大幅に低減。 

しかも新開発の1.5L直列4気筒エンジン(アトキンソンサイクル)に高出力モーター内蔵の7速DCTとリチウムイオンバッテリーの組み合わせで、力強い加速Gと伸びのある加速感を両立している模様。 

ホンダ スポーツHV 「i-DCD」

【スポーツハイブリッド「i-DCD」 の特徴】

・加速、高速走行時はクラッチを接続させ、1モーター+エンジンで
 スポーティー走行
・発進、低・中速走行時は、クラッチでエンジンを切り離し、モーター
 だけでEV走行
・減速時もクラッチでエンジンを切り離し、エネルギー回生を高める
 ことで燃費を向上 

 ホンダ スポーツHV 「i-DCD」ホンダ スポーツHV 「i-DCD」

1モーターHVシステムの課題とされる、エンジンOFF状態で慣性走行時に、急に加速が必要になった場合でもデュアル・クラッチの「DCT」なら素早いシフトダウンが可能となり、迅速に加速体勢へ移行できるメリットが有ると言います。

気になる車両価格は「アクア」や「カローラ アクシオ」HVとの競合上、オプション類やパッケージを含まない「素」状態で中心グレードが170万円前後となる予想。

ホンダはフィットシリーズをアジアなどの新興国向けにも導入する予定で、同社が目指す「2016年度までに世界販売600万台以上」の中核に位置付けているようです。 

以前に『ホンダ伊東社長が「成長戦略」を発表 ! その怒涛の中身とは ?』でお伝えしたとおり、世界販売600万台のうち、300万台は新興国での増販が前提になっており、同社が新型フィットにかける期待は並々ならぬものが有ると思われます。 

〔関連記事〕
・ホンダが次期「シビック Type R」を皮切りに直噴ターボ攻勢へ !
 https://clicccar.com/2013/03/28/216200/ 

・アクアに強敵出現? ホンダのスポーツHV 「i-DCD」は走りも◎ !
 https://clicccar.com/2012/11/16/204930/ 

・ホンダ伊東社長が「成長戦略」を発表 ! その怒涛の中身とは ?
 https://clicccar.com/2012/09/22/199219/

Avanti Yasunori) 

【画像ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】 https://clicccar.com/?p=224806