タイヤは黒から色付きの時代!? ブリヂストンがカラーサイドタイヤ市販化

タイヤは黒。昔から変わらない常識ですよね。ブリヂストンが新発売した「カラーサイドタイヤ」は、そうした思い込み?を覆す第一歩になるかもしれません。

ECOPIA_EP001S_COLORSIDE_2

タイヤにスプレーを吹き付けて色をつける、コーティングする、といったスプレーは海外製などが売られていますが、色つきタイヤがドレスアップの世界でも主流になったことはありません。

今回ブリヂストンは、タイヤサイド部をカラーリングするという意味で、すでに発表されていたタイヤプリント技術を「カラーサイド」と命名。「ECOPIA(エコピア)」の最高グレード「ECOPIA EP001S」、EV専用タイヤの「ECOPIA EV-01」に、環境性能の高さを有する証としてカラーリングが施されるというものです。

ECOPIA_EP001S_COLORSIDE_side

技術的には変色防止に優れたゴム技術やタイヤへの印刷でも剥がれにくく、高精細な画質を実現するインク技術がトピックスで、インクによる印刷のため重くなることなく、低燃費性能やウェットブレーキ性能などにも影響を与えないとのこと。

ECOPIA_EV-01_COLORSIDE_2ECOPIA_EV-01_COLORSIDE_side

タイヤサイズは、グリーンのカラーラインが施された「ECOPIA EP001S COLORSIDE」が195/65R15 91Hと205/55R16 91V。

「ECOPIA EV-01 COLORSIDE」はブルーラインが施され、サイズは175/65R15 84Sと205/55R16 91Vが用意されます。

販売は7月1日からでタイヤ館やコクピット、ミスタータイヤマンで順次販売されます。

■ブリヂストン「ECOPIA」
http://www.bridgestone.co.jp/personal/tire/ecopia/index.html

(塚田勝弘)