【動画】コンシューマーレポートが百点満点で99点をつけた最高の自動車「テスラ・モデルS」

アメリカで厚い信頼を集めている消費者組織が展開する『コンシューマーレポート』のテストにおいて、カルフォルニアに本拠を構えるEVベンチャー、テスラ社の「モデルS」が最高の評価を受けたということです。 

tesla-model-s-blue

間もなく日本国内でのデリバリー開始が期待されている「モデルS」は、テスラ社がオリジナルで作り上げたRWDの電気自動車の高級サルーン。今回、コンシューマーレポートが実施したテストでは、 0-60マイル加速テストで5.6秒という俊足ぶりを発揮しただけでなく、絶妙なアングルでコーナーを駆け抜けるスポーツ性も披露されています。

そうした性能を、公開されている動画においてテスターが「ベストラグジュアリーカー & ベストスポーツカー」と評しているのが印象的。

また、85kWhの総電力量をほこるバッテリーにより、航続可能距離は200マイル(320km)以上というのも、高い評価につながったということです。

結果として、百点満点で99点という史上最高レベルの得点を得たテスラ・モデルS。ラグジュアリー&スポーツカーのライバルとしてポルシェ・パナメーラの名前も上がっていますが、パナメーラの得点が84点だったことを考えても、モデルSがいかに高い評価を得たのか理解できるというものです。

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。