トラックにもスマホ連携カーナビが登場! 楽曲再生やドライブ診断が可能に

いま新しいカーナビを買うと、もれなく付いてくるのがスマホ連携機能です。スマホで最新スポットを探して目的地に設定したり、楽曲や動画を再生したりと、CDやDVDを車内に持ち込むのも昔の話になりつつあります。

10

でもこれは乗用車の話で、タクシーやトラックなどの働くクルマではナビとドライブレコーダー止まり。スマホ連携を打ち出しているのは少なくても自動車メーカーではありませんでした。

三菱ふそうトラック・バスが6月20日から発売するのが、国内商用車メーカー初のスマートフォン連携ドライブサポートシステム「FUSO Connect(ふそうコネクト)」。同システムは、パイオニアの「スマートフォンリンク アプリユニット」と専用アプリ「EcoFleet Light」で構成されています。

02

対応車種は2010年型以降のキャンターで、対応するスマホはiPhone4/4S/5。アプリをダウンロードすることで運行管理支援システム「エコフリートPRO」のうち、安全運転診断機能とドライブレコーダーを使うことができるお得なドライブサポートシステムです。

さらに、将来的に簡易運行管理機能やサービス工場への緊急連絡機能なども搭載する計画だそうで、機能拡張も期待できます。

パイオニア製の「スマートフォンリンク アプリユニット」の「SPH-DA05Ⅱ」により、楽曲や動画再生、カーナビアプリやインターネットラジオ、気象情報などをチェックできます。

03 04 05 06

データ・テック製の「EcoFleet Light」では、ドライブ診断機能やドライブレコーダー機能、走行マップ表示機能などにより配送ルートの確認などが可能です。

価格は「スマートフォンリンク アプリユニット」が4万9300円、「EcoFleet Light」が600円。ドライブレコーダーの導入を考えるとコスパ的にも十分魅力的なシステムではないでしょうか。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。