2013年度 米自動車品質調査で「LEXUS」が2年連続トップに!

米調査会社「JDパワー・アンド・アソシエイツ」が2月13日に2013年度のブランド別自動車耐久品質調査結果を発表しました。同調査は新車購入後3年目に不具合が起きた件数を調べるもので、今回は2010年型の新車を購入したユーザー約37,000人が対象。 

Lexus RX450h

JDパワーによると品質でトップになったのは2年連続で「LEXUS」だったそうです。2位は「ポルシェ」、3位がフォードの「リンカーン」と「トヨタ」、5位はダイムラーの「メルセデス・ベンツ」。

車種別では、「LEXUS RX」がトップ。問題発生件数は100台あたり57件で、SUVで初めて1位にランクイン。

JDパワーによると、フルモデルチェンジ車はキャリーオーバーモデルよりも不具合が多く、また新車購入後、3つ以上の不具合が発生した場合、59%のユーザーが次回は他ブランド車を購入、逆に何も不具合が起きなかった場合は54%のユーザーが次回も同じメーカーの別のモデルを購入すると言います。

JDパワーの調査結果は広く告知され、企業宣伝に用いられることも多いことから、特に北米に於いては自動車ブランドのイメージや販売実績に与える影響が大きく、自動車メーカー各社はかなり気にする存在。

Lexus RX450h

トヨタ自動車は2009年から2010年にかけて「意図しない急加速」問題で北米で大規模なリコールに発展しましたが、今回の結果からは順調な信頼回復ぶりをうかがわせます。

■JDパワー・アンド・アソシエイツ
http://autos.jdpower.com/index.htm

■LEXUS(北米)
http://www.lexus.com

Avanti Yasunori) 

【写真ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】https://clicccar.com/?p=213039

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。