レクサス・LXをさらに豪華に。北米専用の「スポーツパッケージ」が発売

●「陸の王者」を超える、レクサスの王者に専用パッケージが設定

レクサスのフラッグシップ・クロスオーバーSUV「LX」に、北米専用となる「スポーツパッケージ」が設定されました。

「LX」は、1996年に「ランドクルーザー」の姉妹車として北米中心に発売、2015年8月からは日本市場にも導入されています。現在日本には、最高出力377ps・最大トルク534Nmを発揮する5.7リットルV型8気筒エンジンを搭載する「LX 570」のみが設定されています。

パッケージのエクステリアでは、アグレッシブなスピンドルグリルを装着するほか、クロームアクセントを持つサイドミラー、スポイラーが装備されています。サイドミラー以外は「TRD」製で、パーツのみなら日本でも購入可能です。

キャビン内では、黒のヘッドライナーとセミアニリンレザーを装備。後者はブラック、カベルネ、高級ムーンライトホワイトの3色が設定されています。

また暖房/換気シート、4ゾーン自動空調システム、19スピーカーの「Mark Levinson」サラウンド・サウンド・システムを完備するほか、加熱式ステアリングホイール、ヘッドアップディスプレイ、ワイヤレス・スマートフォン充電器、プロジェクター・ドアランプ、21インチホイールなどの豪華装備も追加されます。

パワートレインは、最高出力377psを発揮する5.7リットルV型8気筒エンジンをキャリーオーバー、「スポーツパッケージ」モデルの価格は99,300USドルとされています。

(APOLLO)

『LEXUS』の最新記事
レクサスGX
ダンロップの「GRANDTREK AT23」がレクサス GXのOEタイヤに選定
レクサス LC
レクサスLCの限定車「“PATINA Elegance”」はエレガントな「L-ANILINE」本革シートを採用し、上質な乗り心地を獲得【レクサスLC試乗記】
マイナーチェンジしたレクサスRXは、スポーティな走りと適度に引き締まった上質な乗り心地を両立【レクサスRX試乗記】
レクサスRCが一部改良。「SmartDeviceLink」「Apple CarPlay」や「Android Auto」に対応し、スマホ連携を強化【新車】
レクサス RX
上質になった乗り心地。3列シート仕様の居住性も改善【レクサスRX試乗記】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事