東京オートサロン2013に登場した「86 TRD Griffon Concept」はフェラーリ458を超える速さ!

トヨタ純正 86カスタマイズ車5台が東京オートサロンに勢揃い !」の中でご紹介した「86 TRD Griffon Concept」。 

このマシンはTRDがトヨタ86をベースに仕立てた同社の実験車両で、サーキット走行データを今後の車両開発・商品開発にフィードバックすることを目的にしているそうです。

トヨタ86が持つポテンシャルを活かしつつ車体を軽量化、ボディー剛性、吸排気、足回りなどがサーキット向けにチューニングされています。そんな同車のコンセプト映像が登場。

昨年12日20日に筑波サーキットでシェイクダウンを終えたそうで、搭載エンジンはノーマルながらもFerrari 458 Italiaの1:02.24を超える「1分1秒872」のベストラップを記録。

前後バンパー、フード、ドア、トランク、リアウイングにカーボンファイバーを、フロントウインドシールド以外のガラスにポリカーボネートを採用するなどして、大幅なボディ補強にも拘わらず、オリジナルモデルよりも227kg軽量化(1,034kg)されているのが特徴。

86 TRD Griffon Concept

TRDでは今後、2013年中にサーキットでの走行テストを計画しており、86用パーツのサーキット評価やFA20型水平対向エンジン用パーツの開発テストも実施する予定とか。

「86 TRD Griffon Concept」は86パーツ開発用の「走る実験室」とも言えるマシン。今後TRDから発売されるパーツにも注目です。 

※関連記事
・トヨタ純正 86カスタマイズ車5台が東京オートサロンに勢揃い !
 https://clicccar.com/2013/01/11/209510/

・トヨタ 86 TRD Griffon Concept 伝統のカラーリングで登場!【東京オートサロン2013】
 https://clicccar.com/2013/01/12/209935/

■TRD東京オートサロン2013スペシャルサイト
  http://www.trdparts.jp/86concept_2013/

 (Avanti Yasunori) 

【写真ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】https://clicccar.com/?p=209973 

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。