ダイハツ「ムーヴ」がビッグマイナーチェンジ ! 29.0km/Lを達成 !

12月20日ダイハツが「ムーヴ」を大改良!燃費は軽No.1になる?』でお伝えしたとおり、ダイハツが12月20日、軽自動車「ムーヴ」の大規模なマイナーチェンジを実施して同日より全国で一斉発売しました。 

ダイハツ ムーヴ

マイナーチェンジにあたって異例の大幅な改良が施され、燃費性能に加えて、基本性能、安全性能、デザインなどの各機能が大幅に進化。

外観ではフロントマスクが一新され、スポーティな顔つきに、またインテリアではインパネのデザインが刷新されています。

「ミライース」で培った「低燃費・低価格」をさらに進化させた「e:Sテクノロジー第2弾」を搭載。エネルギーマネジメントにおいて、サーモ(熱)マネジメントを追求し、クラストップの29km/Lの低燃費を達成。

走りの面では「ファン&リラックスドライブ」を コンセプトに基本性能を向上。全車にフロントスタビライザー、2WD全車にリヤスタビライザーを装備してロールを大幅に低減。また全車ローダウン(-10㎜)サスペンション採用により、高速道路等でもリラックスしたドライブが可能に。

ダイハツ ムーヴ インテリア

安全性能ではレーザー・レーダーセンサー搭載により、30km/h以下での衝突を回避する「低速域衝突回避支援ブレーキ機能」や「誤発進抑制制御機能」、「先行車発進お知らせ機能 」、「VSC & TRC」などを一纏めにした「スマートアシスト」を採用するなど、ダイハツが持つ最新技術がふんだんに盛り込まれています。

同社によると、新型ムーヴの主な特長は、以下のとおり。

①クラストップの低燃費29.0km/Lを既存技術の徹底追求により低価格で達成
②基本性能を大幅に向上し、安心感のある走りや、快適な乗り心地、上質な室内空間を実現
③軽自動車初となる、衝突回避支援システムなどの先進デバイスを低価格で搭載
④安心感・存在感を感じるデザイン

国内月販目標台数は12,000台で、価格はムーヴの2WD仕様が 107万円~125万円、ムーヴ カスタムの2WD仕様が130万円~143万円。

ムーヴ 主要装備   ・ムーヴカスタム 主要装備  

発表展示会 は2013年1月3日(木)~ 6日(日)と1月12日(土)~14日(月)となっています。同車はスバルにもOEM供給され、「スバル ステラ」のマイナーチェンジとして2013年1月5日に発売されることになります。

■新型ダイハツ MOVE 公式HP
http://www.daihatsu.co.jp/lineup/move/index.htm

■新型ダイハツ MOVE CUSTOM 公式HP
http://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_custom/index.htm

■新型スバル ステラ公式HP
http://www.subaru.jp/stella/stella/

 (Avanti Yasunori

【写真ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】https://clicccar.com/?p=207632

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。