ホンダがハイブリッド車の世界生産累計100万台を達成 !

ホンダが10月15日、同社のHV車世界販売累計台数が、2012年9月末時点で100万台を超えたと発表しました。

 1999年に当時の世界最高低燃費「35km/L(10・15モード)」を達成した初代インサイトを発売して以来、シビックやアコード、CR-Z、フィット、フリードなどのHVモデルを通して約13年間で100万台販売を達成。

ホンダは現在世界約50カ国で独自のHVシステム「IMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)」を採用した8モデルを販売中で、今年5月には同社初となるHV車の米国生産(アキュラ ILX ハイブリッド)をスタート。 

アキュラ ILX

7月にはタイで「ジャズ HV」の生産を開始しており、今年中にマレーシアでも生産開始予定。 

9月22日のホンダの記者会見にもあったとおり、同社は顧客ニーズに合わせたHV車の開発を進めており、コンパクトモデル用1モーター式HVの性能アップや中級モデル用の2モーター式HV車追加、さらには高性能版3モーター式のHVシステムを次期NSXやアキュラRLX、次期レジェンドに搭載を予定しています。

同社は「Blue Skies for Our Children」をスローガンに更なるHV車の世界普及を目指していくとしています。

Avanti Yasunori

【写真ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】https://clicccar.com/?p=202022

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。