青や緑が減って、黒と白が増加。ドイツで人気のボディカラーTOP5は10年間で大きく変化

日本の自動車マーケットは保守的で、なかなかヴィヴィッドな色味のボディカラーが受けいられないといいますが、ドイツも同じような傾向にあるのかもしれません。

ドイツの自動車工業会(VDA)によるレポートによれば、10余年前と比較して、人気のボディカラーは大きく変化しているということです。まずは2011年のデータから。

●2011年 人気ボディカラートップ5
ブラック(31.0%)
グレー/シルバー(30.9%)
ホワイト(13.0%) 
ブルー(9.0%)
ブラウン(6.0%) 

一方、2000年の人気のボディカラーは以下の通り。

●2000年 人気ボディカラートップ5
グレー/シルバー(32.9%)
ブルー(24.1%)
ブラック(18.9%) 
グリーン(9.5%)
レッド(7.4%) 

環境意識の高まりから、カタログなどではブルーのイメージカラーが増えている印象もありますが、 2000年との比較では大幅に減少しています。またグリーンやレッド、イエローといった派手めなボディカラーも減っている傾向にあるということです。

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。