FJクルーザーに新色ツートンカラーが登場

すでに並行輸入で人気を集めていて、日本導入が遅すぎると指摘を受けたFJクルーザー。正規仕様?もちらほら見かけるようになりました。それでも今年の各月の販売台数は500台を行ったり来たりのようです。

写真は新色のグレイッシュブルーで、カラーパッケージ仕様車です

そこでテコ入れということか分かりませんが、一部改良を受けました。見た目ではホワイトルーフにオレンジとグレイッシュブルーの新色導入にとどまりますが、「オフロードパッケージ」にはランクルでお馴染みのクロールコントロールを標準装備。ドライバーはステアリング操作に集中するだけで、凍結した坂道などはもちろん、タフなオフロード専用コースも楽に走破できます。

FJクルーザーは、少なくても日本ではファッションアイコンとしての役割も大きいですが、クロールコントロールは雪国だけでなく砂浜など多様なシーンで使えますから、最新の4WDデバイスの追加はイザという時に頼りになるはずです。

■FJクルーザー(トヨタ自動車)
http://toyota.jp/fjcruiser/

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。