フィアット500Lの”L”はラージの意味だけじゃありません

フィアット500シリーズがクロスオーバーまで含めて将来に向けてさらに強化されることは既定路線ですが、そのステップとして5ドアバージョンの「500L」が登場しました。

全長4.15メートルとなった、あたらしい500シリーズ。そのボディサイズを見ると、500Lの”L”はラージサイズを示すと思ってしまいますが、それだけではないそう。

この”L”に込められた思いは、次の3つだということです。

〔Large〕

まずはラージ=大きい、こと。全長415cm×全幅178cm×全高166cmという3サイズからなる500Lの余裕のボディを示しています。

〔Light〕

つづいて、ライト=明るさ。これは、物理的な明るさというよりも、技術革新によってもたらされる改善を示しています。たとえば、環境性能に寄与するツインエアエンジンであったり、未来感覚の操作性を生み出すタッチパネルのインパネが、そうした象徴であるということです。

〔Loft〕

最後が、ロフト=個人的なスペース感覚ということです。明るくヴィヴィッドなインパネの先に開けた視界のクリアさや、オプションパーツによってパーソナライズできるインテリアが、ロフトたる所以だとか。

 

こうした3つの”L”によるコンセプトが具現化された、ニューカマーがフィアット500Lです。その本国発売予定は2012年10月第一週。2013年内には世界100カ国で販売される計画だということです。

フロントマスクに、人気のフィアット500のイメージを色濃く残したまま、キャビンやラゲッジスペースの余裕をもたらした500Lは、また世界中で人気を集めるのでしょうか。

(山本晋也)

【写真ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】https://clicccar.com/?p=175245