イタリア映画『La dolce vita』からインスピレーションを得た限定車「Fiat 500/500C Dolcevita」【新車】

■エレガントな内外装が魅力のスモールモデル

これまで数多くの限定車、特別仕様車をリリースしてきた「Fiat 500 / 500C(フィアット・チンクエチェント/チンクエチェント・シー)」。カタログモデル以外の個性的な仕様のニーズの高さを証明しているともいえるでしょう。

2020年12月12日から計275台限定で発売される「Fiat 500/500C Dolcevita(ドルチェヴィータ)」も例に漏れず、個性的なデザインや上質な装備が用意されたモデルになっています。

フィアット500 500C
「Fiat 500 Dolcevita(ドルチェヴィータ)」のエクステリア

限定車の車名である「Dolcevita(ドルチェヴィータ)」は、イタリア語で「甘い生活」を意味するそう。

フェデリコ・フェリーニ監督のイタリア映画『La dolce vita』(1960年、邦題:甘い生活)で一躍広まったこの言葉は、大人のアバンチュールを象徴したもので、快楽主義的な志向を含意しているそうです。

「500 / 500C ドルチェヴィータ」は、この“甘い生活”にインスピレーションを得て、日常を華やかに演出するデザインや装備が用意されているのが特徴。Fiat 500/500Cで重要なデザインは、映画『La dolce vita』時代のイタリアのビーチに着想を得たというノスタルジックなムードを漂わせています。

フィアット 500 500C
「Fiat 500C Dolcevita(ドルチェヴィータ)」のリヤビュー

エクステリアは、クロームのエンジンフードラインやエクステリアミラーハウジングをはじめ、ホワイト&シルバー塗装が施された専用16インチアルミホイール、車体を取り囲むレッドライン、ボディ同色のサイドモールディングによりるエレガントな仕立て。テールゲートには「Dolcevita」のロゴも配されています。

こうした優美なデザインを印象づけるボディカラーには、人気の「ボサノヴァホワイト」が採用されています。さらに、オープンモデルの「500C ドルチェ ヴィータ」には、ビーチパラソルをイメージし、ブルーやホワイトが採用された専用ストライプソフトトップが組み合わされます。

フィアット 500 500C
「Fiat 500/500C Dolcevita(ドルチェヴィータ)」のインパネ

一方のインテリアは、アイボリーを基調として、ナチュラルウッドの専用インパネや、ポルトローナフラウ社製のレッドパイピング付レザーシート(一部ファブリック)、専用フロアマットによるハイクオリティな仕上がりになっています。

価格は「Fiat 500 ドルチェヴィータ」が265万円(限定175台)、「Fiat 500C ドルチェヴィータ」が289万円(限定100台)となっています。

小粋なFiat 500/500Cに大人のムードを漂わせる限定車の「ドルチェヴィータ」。自分の好みに合う人には、カーライフを彩るぴったりの相棒になってくれるはずです。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。