ホンダ・オデッセイがマイナーチェンジ。お買い得な「MX」「MX・エアロパッケージ」(292万円〜)を追加。

ホンダはミニバンのオデッセイを一部改良して2012年7月5日に発売、同時に装備の充実を図った「MX」「MX・エアロパッケージ」を追加しました。

写真は「MX」。

両グレードとも、ホンダインターナビ+リンクアップフリー+プログレッシブコマンダー+ナビ連動ETC車載器、フロアカーペットマット、木目調リヤドアパネルを標準装備。

さらにエアロパッケージでは18インチアルミホイールも標準装備となります。

もちろん新エコカー減税50%減税にも適合。 FF車CVTのみの設定で「MX」は292万円、「MX・エアロパッケージ」は306万円の設定でお買い得となりました(オデッセイ全体では242万円〜)。

(ぬまっち)

この記事の著者

ぬまっち(松沼 猛)

ぬまっち(松沼 猛) 近影
1968年生まれ1993~2013年まで三栄書房に在籍し、自動車誌、二輪誌、モータースポーツ誌、鉄道誌に関わる。2013年に独立。現在は編集プロダクション、ATCの代表取締役。子ども向け鉄道誌鉄おも!の編集長を務める傍ら、自動車誌、バイク誌、鉄道誌、WEB媒体に寄稿している。過去に編集長を務めた雑誌はレーシングオン、WRCプラス、No.1カーガイド、鉄道のテクノロジー、レイル・マガジン。4駆ターボをこよなく愛し、ランエボII、ランエボVを乗り継いで、現在はBL5レガシィB4 GTスペックB(走行18万km!)で各地に出没しています。