ホンダのフラッグシップ「エリシオン プレステージ」がマイナーチェンジで快適性向上

海外生産も好調というホンダ、その名前通りのフラッグシップモデルといえる「エリシオン プレステージ」がマイナーチェンジをしています。

2.4リッターi-VTEC直4、3.5リッターVTEC V6エンジンを搭載するエリシオン プレステージは、まさしく『ホンダの熱い心を秘めた7シーター』といえる存在です。

今回のマイナーチェンジでは、そうした走りの魅力はそのままに、快適性や利便性、そしてプレステージにふさわしい空間を作り上げる変更を受けています。

[主な変更点・装備内容]
・ Hondaインターナビ+リンクアップフリー(専用通信機器+通信費無料)+プログレッシブコマンダー+ETC車載器(ナビゲーション連動)を標準装備
・ 高画質な地上デジタルテレビ放送を楽しめるフルセグ(12セグ/ワンセグ)TVチューナーを標準装備
・ ボディカラーをすべて新色とし、全4色のカラーバリエーションを設定(プレミアムスパークルブラック・パール、ホワイトオーキッド・パール、スーパープラチナ・メタリック、オーロラローズウッド・パール)
・ 全席3点式ELRシートベルトおよびヘッドレストを標準装備
・ 本革シート(運転席&助手席シートヒーター付)を標準装備(Sはメーカーオプション設定)

 

 メーカー希望小売価格は3,340,000円~4,197,000円となっています。

■エリシオン プレステージ(本田技研工業)
http://www.honda.co.jp/ELYSION/

■「エリシオン プレステージ」を一部改良し発売(本田技研工業)
http://www.honda.co.jp/news/2012/4120628-elysion.html

(山本晋也)

【写真ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】https://clicccar.com/?p=170908