ダウンサイジングに反論? トヨタが北米でV6エンジンを増産

トヨタが北米アラバマ工場で、V6エンジンの生産能力を増強することを発表しました。

これは、カムリ、ハイランダー、アバロン等に搭載する3.5L V型6気筒2GRエンジンの需要拡大に対応するもので、2014年3月より新たに生産を開始するということです。これによるV6エンジンの生産能力拡大分は約21.6万基/年となり、現状の約14.6万基/年とあわせて、約36.2万基のV6エンジン生産能力を持つことになります。

 欧州系の自動車メーカーではダウンサイジングといってマルチシリンダーの大排気量エンジンを小排気量ターボに置き換えることがトレンドですが、今回の発表からすると、トヨタはアメリカ市場において4気筒ターボへのダウンサイジングはトレンドにはならないと判断したよう。

トヨタモーターエンジニアリング&マニュファクチャリングノースアメリカ社のバイスプレジデントであるスティーブStアンジェロ氏は『この製造ラインの追加により、北米市場での成長をさらに続けられる』と語ったということで、北米市場においてはV6がトレンドになると判断しているようです。

■トヨタ、米アラバマ工場でエンジンの生産能力を増強(トヨタ自動車)
http://www2.toyota.co.jp/jp/news/12/05/nt12_0511.html

(山本晋也)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事