インプレッサの販売好調、一番人気は1.6i-Lグレード!

2011年11月30日にフルモデルチェンジを行ったスバル・インプレッサ。
デビュー当初から支持を集めていることは既報の通りだが、発表後約4ヵ月間(2012年4月1日)までの受注台数は目標(2200台/月) の約2.8 倍となる2万4237台となっていることが発表された。

4ドアのG4、5ドアのSPORTと、ふたつのボディ形状を持つインプレッサだが、人気が高いのはSPORTで全体の74.7%を占めている。
また最量販グレードは1.6i-L(29.6%)、2.0i EyeSight(21.5%)と2.0iーS EyeSight(20.1%)と続く。

なおスバル独自の安全装備であるEyeSightの装着率は、その設定のある2.0リッター AWDにかぎっていえば83.2%と非常に高いのも特徴といえそう。

そんな好調の新型インプレッサ、その理由は、こちらの動画をみればわかるだろう。
なぜスバル・インプレッサの販売が好調なのか? これを見ればわかる!【動画】

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。