英国生まれのトヨタ車が今風にマイナーチェンジ

欧州向けモデルとして開発され、いわゆる日本車離れした雰囲気を持つトヨタ・アベンシス。2011年より現行モデルの日本導入が行なわれている。

そのアベンシスがマイナーチェンジ&上級グレードを追加した。

4月16日から発売されるというマイナーチェンジとグレード追加の内容は以下の通り。

【マイナーチェンジにおける主要変更点】
▽ フロントビューは、LEDクリアランスランプ(車幅灯)を追加したヘッドランプ、中央部の押し出しを強めたフロントグリルとフロントバンパー、開口部を強調したフロントロアグリルなどにより、一段と精悍でダイナミックに進化
▽ インテリアでは、シート表皮柄の変更および、ドアグリップ、サイドレジスター(両サイドの空調吹き出し口)、センタークラスター、ドアスイッチベースに、加飾の追加や変更を施すことで質感をさらに向上

【上級グレード Liの主な特長】
▽ エクステリアでは、フロントフォグランプと17インチのタイヤ&ホイールを専用装備
▽ インテリアでは、アルカンターラ®+本革の専用シート表皮を採用。また、センタークラスターおよびドアスイッチベースに木目調加飾を採用
▽ 運転席電動ランバーサポートやクルーズコントロールなどを専用装備とし、利便性や機能性を向上

トヨタ車といっても、その生産地はイギリス・バーナストン工場。欧州テイストを色濃く感じるというのも当然の、欧州育ちのステーションワゴンだ。

今回のマイナーチェンジでの注目点は『LEDクリアランスランプ(車幅灯)を追加したヘッドランプ』。これによって、より現代的なフロントフェイスへと進化している。

エンジンは2.0L、駆動方式はFF、ミッションはCVTのみというシンプルなラインナップ。

メーカー希望小売価格は従来からあるXiが250万円、追加されたLiが275万円となっている。

 

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。