純正色塗装済み! 新車時からついていたような後付けドルフィンアンテナ

最近ノーマルでもときどきついているクルマがあるドルフィン(シャークフィン)形状のアンテナ。ちょっと最近の流行りっていう感じでカッコいいですね。また、短いポールタイプのアンテナがルーフの上についている場合、立体駐車場や洗車機でぶつかったり引っかかったりしないかどうか、ちょっと不安もあります。

そこで、純正がポールタイプのアンテナでも、その上に装着することができる後付けのドルフィン形状のアンテナがあります。純正のポールを外して配線を接続し、両面テープで接着するだけ。ビートソニックのドルフィンアンテナという製品です。このアイテムがスグレモノなのは、純正色がラインアップされていること。そのため、アフターパーツなのに、まるで純正のように、しかも簡単に装着できるのです。

このドルフィンアンテナにアクア用がはやくも登場。なめらかな曲面で構成されたTYPE3モデルと、曲面にエッジが入ったTYPE4モデルが選べます。このドルフィンアンテナのウェブサイトは、http://www.beatsonic.co.jp/antena/。アクア用のほかにフィット、プリウス、ハイエース用や汎用もあります。

 

 

 

左がTYPE4モデル(8820〜1万920円)、右がTYPE3モデル(9870〜1万920円)です。それぞれ全11カラーが用意されています。

(まめ蔵)


あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています