【衝撃映像】高速道路でのゼッタイ避けられない恐怖のアクシデント

以前にも高速道路でのアクシデントはご紹介しましたが、さらに衝撃的な映像です。

自動車を運転していて、ぜったいにあってほしくない交通事故。

ある程度気をつけていれば、避けられたり、結果を軽減させることができることもありますが、このパターンはどんなに気をつけていてもムリと思わせる台湾での出来事のようです。

対向車線のクルマは無事だったでしょうか?

バーストしてしまうことも、空気入りタイヤを使う以上、ぜったいになくすことはできないアクシデントともいえます。もはや、危なそうなクルマからは遠ざかる、というカンを働かせるくらいしか対処方法はないのかもしれません。

【動画が見られない人はコチラ>>>http://bit.ly/sWMCur

(小林和久)

 

 

この記事の著者

編集長 小林和久

編集長 小林和久 近影
子供の頃から自動車に興味を持ち、それを作る側になりたくて工学部に進み、某自動車部品メーカへの就職を決めかけていたのに広い視野でクルマが見られなくなりそうだと思い辞退。他業界へ就職するも、働き出すと出身学部や理系や文系など関係ないと思い、出版社である三栄書房へ。その後、硬め柔らかめ色々な自動車雑誌を(たらい回しに?)経たおかげで、広く(浅く?)クルマの知識が身に付くことに。2010年12月のクリッカー「創刊」より編集長を務める。大きい、小さい、速い、遅いなど極端なクルマがホントは好き。