謎解きの報酬としてはサイコーにちょうどいい!!Honda NEW FREEDが当たる!!

Facebookってやってますか? 個人的な話ですが、それをきっかけに思わぬ同級生とFacebook上で出会って、リアルな同窓会に発展したりしてます。

まあ、それはある程度想定された使い方ですが、ホンダがFacebookを使ったフリードのキャンペーンはちょっとオモシロそうですよ。

そのストーリーは・・・

突如としてこの世界から「ちょうどいい」が失われてしまいました。

あなたは、Facebookタウンに住む名探偵になって、 失われた「ちょうどいい」を取り戻すため、△、□、〇、3つのちょうどいい手がかりを探し出し、謎を解き明かさなくてはなりません。はたして、あなたはこの世界に「ちょうどいい」を取り戻すことができるのでしょうか?

 

「広さミニバン」「サイズコンパクト」そして新たに加わった「ハイブリッド」の3つの「ちょうどいい」が揃うことで、さらに「サイコーにちょうどいい」クルマとして生まれ変わったHonda NEW FREED。そのニュースを、ワクワク感をもってあらゆる人に楽しんでもらえる企画になっています。

謎解きの報酬は、Honda NEW FREED1台

(ゲームをクリアし、応募してくれた方の中から、抽選で1名様にプレゼント)

 

ようするに、Facebookを使って謎解きをしながら、まあ、その謎の中に今度のモデルチェンジでハイブリッドも追加されたフリードの良さが織り込んであるんでしょう。そうしてFacebookを楽しみながら、うまくするとフリードハイブリッドがもらえちゃうかもしれない、というわけですね。

その賞品はコチラ

 

ゲームを企画しているのは「謎」イベントのプロ集団SCRAP。「リアル脱出ゲーム×エヴァンゲリオン@富士急ハイランド」「よみうりランド園長誘拐事件」ではアミューズメントパークで謎解き、「パイレーツ・オブ・カリビアンリアル謎解き」では、500人のジャックスパロウが渋谷をジャック!とか、「東京ドームからの脱出ゲーム」など、さまざまなリアル脱出ゲームを企画しているそうです。これまでの動員数はなんと延べ5万人以上で、あらゆる場所を謎解きのステージにしてしまう彼らが、今回はFacebookを舞台にしているというわけです。

 

このゲームは、すべてFacebookページの中だけで展開され、 事件の手がかりを掴むためには、情報を握る人物のウォールを読んだり、 仕掛けられた謎を解く必要があります。仕掛けられた謎は、Facebookの機能を利用したり、 ちょっぴりヒラメキを使わなければ解けないものばかりで、意外なところにヒントや答えが隠されていることもあるんだそうです。

で、その意外なところを作り出すため、ゲーム公開前に300人の 協力者を募集! ゲーム内の重要なヒントを画像として各協力者のFacebookページのアルバムに置くことで、ゲームをクリアするための重要な道しるべになってもらったんだそうです。先に進めなくなった時には、その協力者を頼ってみるのも手かもしれません。

 

フリード&フリードスパイクの良さがわかって、Facebookの楽しさも知ることができるので、気軽にチャレンジできるのがいいですね。

Facebookってやり始めたばかりとかやってみたいけどやり方がよくわからない、という人にもいいのかもしれませんよ。

すぐやってみたくなったかたはコチラから>>>http://www.facebook.com/HondaJPFREED/

もうちょっと詳しく知りたいかたはコチラ>>>http://www.honda.co.jp/FREED/facegamebook/

(小林和久)

【リンク切れ、写真が見れないかたはコチラ>>>https://clicccar.com/80168

 

 

この記事の著者

編集長 小林和久

編集長 小林和久 近影
子供の頃から自動車に興味を持ち、それを作る側になりたくて工学部に進み、某自動車部品メーカへの就職を決めかけていたのに広い視野でクルマが見られなくなりそうだと思い辞退。他業界へ就職するも、働き出すと出身学部や理系や文系など関係ないと思い、出版社である三栄書房へ。その後、硬め柔らかめ色々な自動車雑誌を(たらい回しに?)経たおかげで、広く(浅く?)クルマの知識が身に付くことに。2010年12月のクリッカー「創刊」より編集長を務める。大きい、小さい、速い、遅いなど極端なクルマがホントは好き。