【東京オートサロン2019】やっちゃえ日産! このジュークなら富士山頂まで登れそうだ

●今さらジューク? でも、よく見るとタイヤが付いていない!

どうしちゃったのよ、日産。東京オートサロンに展示したクルマが楽しすぎるんですけど。

ステージ上にはフォーミュラーEの参戦マシンが置かれ、隣には新型リーフをベースにしたレーシングカーコンセプトの「リーフRC」があったりとモータースポーツムードが漂いまくりの日産ブース。

そういうのも悪くないし、個人的にも嫌いじゃない。だけど、東京オートサロン2019の日産ブースでもっとも見ごたえがあったのはそれじゃない。ステージの上じゃなくてフロアに置いてあった、ジュークだ。

今さらジューク!? そうなんだけど、ただのジュークじゃない! タイヤがついていないんだから。

タイヤの代わりについているのはクローラー。日本語でいうと無限軌道で、正しい表記ではないけれど通称でいうと「キャタピラ」という建設機械や雪上車でおなじみのアレだ。

この「ジューク・パーソナリゼーション・アドベンチャー・コンセプト」クローラーを履いたことで走破性能は格段に向上していて、荒れ地だろうが田んぼだろうがゲレンデだろうが、走る場所を選ばない。

でも注目した理由はそこじゃなくて、なんといっても見た目のインパクト。なんという違和感、そしてなんというワイドなオーバーフェンダー。これぞインスタ映え! 楽しすぎる。日産ブースを訪れたら、とにかく必見です。

気になったのでスタッフに聞いたところ、このクルマはちゃんと「走る」そうですよ。

(工藤貴宏)

この記事の著者

工藤貴宏

工藤貴宏 近影
1976年長野県生まれ。自動車雑誌編集部や編集プロダクションを経てフリーの自動車ライターとして独立。新車紹介、使い勝手やバイヤーズガイドを中心に雑誌やWEBに執筆している。現在の愛車はルノー・ルーテシアR.S.トロフィーとディーゼルエンジンのマツダCX-5。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。