SKYACTIVフル装備のマツダCX-5がフォトデビュー

ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、トランスミッション、ボディ、シャシーすべてにわたって「SKYACTIV TECHNOLOGY」を採用する『CX-5』が9月のフランクフルトモーターショーでデビューすることが発表されました。

 

SKYACTIVらしい省燃費性能を誇る。

2.2Lディーゼルターボ+MT+i-StopでのCO2排出量は120g/km以下(22.0km/L相当)。

 

 

マツダ・ファミリーフェイスの5ポインテッドグリル。

当然ながらボディカラーはSKYACTIVイメージのブルーでキマリ。

ちなみにCX-5の初期コンセプトカーはレッドマイカ色でした。

 

インテリアはブラック基調。

写真はATですが、シーケンシャルのマニュアルモードも確認できます。

手前のスイッチ類を見るとトラクションコントロールやアイドリングストップのオン/オフが可能になっているよう。

タコメーターのレッドゾーンは5250rpmから、速度計は260km/hまで刻まれています。

 

まず透視図で気になるのはサスペンション。

フロント・ストラット、リア・トレーリング式マルチリンクのよう。

またボディではストレート形状の構造を配置することで衝突安全性を高めていることも見て取れます。

もちろん、エンジンは青いカバーからもわかるように圧縮比14.0のSKYACTIV。

 

まさにフル・スカイアクティブの先鋒となるCX-5。

さらなる情報が楽しみな一台です。

 

(山本晋也)

【すべての写真が見られない人はコチラ>>>https://clicccar.com/48213