マジすげえ!エアチェンジネットは効果絶大

エアチェンジネット取り付け風景
筆者の2001年式VWポロGTI
筆者の2001年式VWポロGTI

現在の筆者の愛車は2001年式VWポロGTI。走行距離14万キロというかなり使い込んだ車体です。がっつり整備しているのでサーキットでのスポーツ走行ができるくらいは調子がいいのですが、夏場になるとエアコンで低速トルクが食われてしまい、信号発進などでもたついてしまいます。

 

 

セラテックジャパンのエアチェンジフィルター
セラテックジャパンのエアチェンジフィルター

7月29日、筑波サーキット コース1000で行われた某E誌のドライビングレッスンに参加した際、セラテックジャパンという会社が出している「エアチェンジネット」という商品の無料モニターができるというので真っ先に立候補。その場で取り付けをしてもらいました。

 

 

エアチェンジネット取り付け風景
エアチェンジネット取り付け風景

これ、どういうものかというと、ネットを通過した酸素をイオン化して燃料との結びつきをしやすくするというもので、効果は低中速トルクのアップだということです。

実際に取り付けしてもらって効果のほどを、とエアコンをかけた状態でアイドリングのプラス200回転くらいでクラッチを繋ぐと、なんとスルスルと発進してくれるではないですか。いつもはエアコンをかけた状態だと2000回転くらいで繋がないとまともに発進してくれなかったポロが、本当にスルスルと発進したのです。

エアチェンジネット、マジすげぇ!

ただし、サーキット走行においての高回転側での効果はポロGTIではわかりませんでした。
しかし低中速のトルクは間違いなくアップするので積極的に低い回転で高いギアを使って走れば、かなり燃費アップにもなります。

部品代が写真のもので12000円。取り付け工賃は車種ごとにエアクリーナーの位置が違うので要見積もりということです。

言い忘れていましたが、このネットはエアクリーナーの空気取入れ口に取り付けます。エアフローメーターに異物混入防止ネットがあるクルマに限ってエアクリーナーとエアフロメーターの間に装着できます。筆者のポロの場合は後者の取り付け方法でした。

問題は取り扱い店舗が少ないこと。ググってみても取り付けした人のブログばかりが目立っていて、どこで売っているのかさっぱりわかりません。ですので興味のある方はリンクのサイトから問い合わせをしてみてください。

セラテックジャパン
http://www.ceratec-j.com/index.html

(北森涼介)

エアチェンジネット取り付け風景
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事