デリカD:2の登場から、次期パジェロミニの姿が見えてきた……かも!?

三菱の新型車「デリカD:2」は、スズキからのOEMモデルです。考えてみると、スズキから三菱へのOEM供給ははじめてなんですね。これまで三菱と日産は軽自動車や商用車をOEMで提供しあう仲、そしてスズキから日産へは軽自動車を、日産からスズキへはミニバンを供給する関係だったのですが、ここへきてスズキから三菱へもOEM供給することになり理想的な三角関係…いやアライアンスが結ばれたといっていいのではないでしょうか?

これからはお互いに商品を供給しあう商品が増えることは間違いないでしょう。特に、同じジャンルやサイズで似たようなユーザーをターゲットにしたクルマ同士は事業効率化のためOEM供給になる可能性もありますよね。

たとえばジムニーとパジェロミニって……

パジェロミニ

ジムニー

 

……いや、なんでもありません。

時代がどう変わろうとも、ジムニーとパジェロミニはよきライバルとして、まったくのオリジナル設計を貫き通して欲しいものです。根強いファンがいるかぎり、パジェロミニがジムニーのOEM供給になる日なんて来そうにありませんね。

(工藤貴宏)

この記事の著者

工藤貴宏

工藤貴宏 近影
1976年長野県生まれ。自動車雑誌編集部や編集プロダクションを経てフリーの自動車ライターとして独立。新車紹介、使い勝手やバイヤーズガイドを中心に雑誌やWEBに執筆している。現在の愛車はルノー・ルーテシアR.S.トロフィーとディーゼルエンジンのマツダCX-5。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。