レクサス最小となる新型SUV「LBX」、これがフロントマスクだ

■トヨタ ヤリスクロスと「TNGA-B」プラットフォームを共有し高級化

レクサスは現在、新型コンパクト・クロスオーバーSUV「LBX」を開発中ですが、その市販型デザインを予想プレビューしました。

レクサス LBX 市販型 予想CG
レクサス LBX 市販型 予想CG

同ブランドでは、すでに6月5日にイタリア・ミラノでワールドプレミアすることを発表。そのティザーイメージが2点公開されていますが、CGはお馴染みのKOLESA RUがそれらをもとに完全予想、ほぼ的中しているとみていいでしょう。

レクサス LBX 市販型 予想CG
レクサス LBX 市販型 予想CG

フロントエンドにはスリムなヘッドライトを装備、その間にはノーズ上部を横切る金属製のバーは配置されます。

注目はレクサスの特徴であるスピンドルグリルは廃止されることで、バンパーのハニカムパターンの中央インテークに置き換えられることはわかっていましたが、その全体デザインを大予想しました。

リアエンドには波型の全幅LEDテールライトを装備、ルーフにはコンパクトなスポイラーが追加されています。

LBXについては詳細を明らかにしていませんが、入手した情報によると、トヨタ ヤリスクロスと「TNGA-B」プラットフォームを共有する可能性がありますが、より高級なキャビンを備え、 既存のレクサスUXよりも下に位置、ブランドの新しいエントリーレベルの製品となります。

予想されるボディサイズは全長4,180mm(164.6インチ)、全幅1,765mm(69.5インチ)、全高1,560mm(61.4インチ)で、ヤリスクロスと同等のサイズとなっています。

パワートレインは、1.5リットル直列3気筒ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッド全輪駆動が予想されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO 近影

APOLLO

アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年には・・・