フィアット500Xが一部改良でリフレッシュ。ロゴの刷新などでよりセンスフルに

■「500X Cross」は18インチタイヤを標準化

2022年11月29日(火)、フィアットのコンパクトSUVである「500X」がフェイスリフトを受け、同日発売されました。

500Xは、ひと目で「500」シリーズとわかる愛らしいデザイン、使い勝手に優れた4ドアボディ、そして優れた積載性やユーティリティを兼ね備えたコンパクトSUV。

フィアット 500X
一部改良を受け、ロゴやボディカラーを変更したFIAT 500X

今回の一部改良では、FIATのロゴが従来の円形フレームからシンプルなシルバーに変更されています。最近のメーカーやブランドのロゴは、二次元化することで、ウェブサイトなどでの見栄えも含めて変わっています。

500Xもロゴのグラフィックを抑え、1900年代初頭に初めて導入されたエンブレムの細長い文字が、最新のトレンドであるシンプルでミニマリスティックなロゴとして復活。

フィアット 500X
500Xの新しいロゴ

すでにバッテリーEVとして発売された「500e」で採用されているロゴでもあり、ほかのモデルとしては初の導入になります。

グレード展開は、「500X Cross」と「500X Sport」の2タイプ。「500X Cross」では、ドアミラーカバーがボディ同色からブラックに変更され、ホイールが17インチから18インチにサイズアップ。これにより、より精悍な雰囲気を醸し出しています。さらに、「500X Sport」には、自動防眩ミラーが標準化されています。

フィアット 500X
一部改良を受けた500Xのインパネ

ボディカラーは、「500X Cross」に「ジェラート ホワイト」「パッション レッド」の2種類のソリッドカラーが標準化され、オプションでメタリックカラーの「ファッション グレー」が用意されています。「500X Sport」には、その3色に加えて、メタリックカラーの「イタリア ブルー」もオプション設定されています。

リフレッシュされたエクステリアデザインが魅力の500X。日本でも取り回ししやすいサイズ、フィアット500シリーズならではのセンスフルな内外装が魅力になっています。

●フィアット 500X商品概要

ボディサイズ:全長4280〜4295×全幅1795×全高1610mm
ホイールベース:2570mm
車両重量:1410〜1440kg
エンジン:直列4気筒ターボ
総排気量:1331cc
最高出力:151ps/5500rpm
最大トルク:270Nm/1850rpm
トランスミッション:6速デュアルクラッチオートマチック
サスペンション:前後マクファーソンストラット
タイヤサイズ:225/45R18(Sport:225/40R19)

●車両本体価格

「500X Cross」:418万円
「500X Sport」:423万円

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。