プジョーの高級セダン「508」が大幅改良へ。隠された「牙」LEDの行方は?

■新しいハイブリッドパワートレインも提供

プジョーのフラッグシップセダン「508」および派生ワゴン「508 SW」改良型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

プジョー 508_001
プジョー 508 改良型 プロトタイプ スパイショット

初代508は、SW「407」と大型サルーン「607」を統一して2011年に誕生しました。

第2世代となる現行型は、2018年ジュネーブモーターショーで発表、同年11月にはファストバックの「ファーストエディション」が60台限定で日本市場にも導入されています。

プジョー 508_009
プジョー 508 改良型 プロトタイプ スパイショット

今回は3つの異なるプロトタイプを目撃、そのうち2台はレギュラーおよびGTライントリムで、もう1台はロングルーフのSWです。

どちらもボディ前後をカモフラージュしていますが、改良型では408で見られるように同ブランドの新しいロゴを装備、新設計のグリルを採用します。

ヘッドライトは新設計されている様子がうかがえ、幅がタイトになっているように見えます。

外縁の「牙」LEDは存在しているようですが、最終的にデザインが刷新される可能性もありそうです。その横にはダミーインテークを配置、下部バンパーにはワイドな台形エアインテークを備えていますが、グリルデザインは不明です。

側面に沿って、プロトタイプの1台にはBピラーの横にアンテナが確認できるほか、小さな円形の装置が屋根の上にあります。これらの部品は、508に機械的な微調整が加えられていることを示唆している可能性があるでしょう。

リアエンドでは、より大きく傾斜したスリムなLEDテールライトを装備していることがわかりますが、アウトラインに変更があるかどうかは判断できません。キャビン内では新インフォテイメントシステムを採用、アップデートされたインターフェイスを備えるほか、トリムも刷新されるといいます。

パワートレインは、改良されたガソリンおよびディーゼルエンジンを搭載するほか、1.6リッターガソリンエンジン+電気モーターの新しいハイブリッドパワートレインも提供されます。

508、および508SW改良型のワールドプレミアは、2023年上半期と予想されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?