VWパサート後継モデル・エアロB、市販型の名は「ID.7」か? 次世代ディスプレイを激写

■VWやIDブランドで見たものと大きく異なる正方形タイプ採用

フォルクスワーゲン(VW)は現在、パサート後継モデルと噂される新型EVセダン「エアロB」を開発中ですが、最新プロトタイプを捉えるとともに、そのコクピットをカメラが初めて撮影に成功しました。

VW エアロB_017
VW エアロB 市販型プロトタイプ スパイショット

捉えた最新プロトタイプは、依然としてダミーコンポーネントでカモフラージュされています。

フロントエンドでは、バンパーの台形開口部とコーナーの垂直エアインテークは確認できますが、ヘッドライトとグリルなど、ノーズ先端はデカール(ステッカー)が貼られています。恐らくヘッドライトは、LEDライトバーで接続される可能性が高いようです。

VW エアロB_013
VW エアロB 市販型プロトタイプ スパイショット

側面からは、急勾配のフロントガラス、流れるようなルーフラインなど、洗練されたボディラインを見ることができるほか、助手席側のリアフェンダーには充電ポートが配置され、リムから広がるホイールも見てとれます。後部では、テールライト全体をデカールで隠し、偽の排気管が演出されています。

VW エアロB_003
VW エアロB 市販型プロトタイプ スパイショット

注目のキャビン内ですが、これまでのVWやIDブランドで見たものと大きく異なり、インフォテイメントディスプレイが長方形ではなく、正方形に近いことが確認できます。

ID.4のようなコンパクトなステアリングホイールのすぐ後ろには、小さな長方形デジタルインストルメントクラスターが、湾曲したダッシュボードに組み込まれています。

市販型では、「MEB」プラットフォームに乗り、後輪駆動と全輪駆動が提供されます。モーターラインアップは最高出力148psと172psを用意、頂点にはデュアル モーターと全輪駆動が搭載される「GTX」を設定、最高出力は299psと予想されています。

エアロBの発売は2023年と予想されていますが、2022年内に発表される可能性もありそうです。市販型では「ID.7」の車名が有力候補の1つとなっており、その場合、IDブランド初のサルーンとなります。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?