ヤマハ発動機が世界初の試み。植物由来のセルロースナノファイバー強化樹脂をマリン製品の部品に採用へ

■25%以上の軽量化に加えて、マテリアルリサイクル性も向上

温室効果ガス削減やカーボンニュートラル社会の実現は、各企業にとっても明確な課題になっています。ヤマハ発動機は、CO2削減・環境負荷低減に対する取り組みとして、植物由来のセルロースナノファイバー強化樹脂をマリン製品に採用すると明らかにしました。

ヤマハ発動機
セルロースナノファイバー強化樹脂の「Cellenpia Plas(セレンピアプラス)」

このほど同社は、セルロースナノファイバー強化樹脂の開発に関し、日本製紙と協業することで合意しました。同素材の輸送機器部品への実用化は、世界初の事例になります。

同素材を使って開発される部品は、水上オートバイ、スポーツボートのエンジン部品で、2024年モデルの一部で採用される計画となっています。

将来的にはマリン製品だけでなく、二輪車などを含めたヤマハ発動機の幅広い製品への展開を検討しているそう。

セルロースナノファイバー強化樹脂は、木質資源を活用したバイオマス素材であるCNFを、ポリプロピレンなどの樹脂へ混練、分散することで製造される高強度な新素材。

ヤマハ発動機
原材料となる木材チップのイメージ

既存樹脂材料と比べると、25%以上の軽量化が図れることに加えて、廃棄物を原料としてリサイクルするマテリアルリサイクル性に優れるため、プラスチック使用量の削減とCO2を主とした温暖化ガス排出削減につながることになります。

ヤマハ発動機は、2022年2月に発表された新中期経営計画(2022~2024年)において、持続的な社会への貢献を目指し、サステナビリティへの対応を強化。目標達成に必要なカーボンオフセットの取り組みを加速させるため、今後もサステナビリティに寄与する技術の研究、開発を推進する構えです。

塚田勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。