新型スバル「インプレッサ」もクロストレックと同様、アグレッシブなエクステリアデザインが光る

■2.0Lと2.5Lの水平対向4気筒エンジンを設定

2022年11月18日(金)、SUBARUはクロストレック(旧SUBARU XV)に続き、新型インプレッサを世界初公開しました。初公開の場は、ロサンゼルスで開催中の「2022年ロサンゼルスオートショー」。現地時間の2022年11月17日に新型インプレッサの米国仕様車がワールドプレミアされています。

SUBARUインプレッサ
SUBARUインプレッサの走行シーン

新型インプレッサはアメリカ市場に2023年春以降に導入予定で、それ以降、世界各国市場に順次導入予定としています。

6代目の新型インプレッサは、スバルらしい走りの良さをはじめ、最先端の先進安全装備、高い実用性を備え、ユーザーのカーライフをよりアクティブにするモデルとしています。

SUBARUインプレッサ
新型インプレッサのリヤビュー

フルインナーフレーム構造の採用による高いボディ剛性をはじめ、2ピニオン電動パワーステアリングの採用により動的質感や運動性能を向上したそう。また、新世代「アイサイト」も標準化され、安全性能も引き上げられています。さらに、一部グレードでは、11.6インチマルチインフォメーションディスプレイも搭載。

SUBARU インプレッサ
新型SUBARUインプレッサのリヤビュー

新型インプレッサは、ひと目でアグレッシブと抱かせるエクステリアが目を惹きます。躍動的でスポーティなエクステリアが、インプレッサの個性を強調。引き締まったスピード感ある鋭いシェイプ、大きく張り出したフェンダーが、スポーティなムードを演出しています。

SUBARUインプレッサ
新型インプレッサのインテリア

一方のインテリアは、日常使いはもちろん、遠い旅先でのアクティビティを自然体で過ごせる、使い勝手のいいカジュアルな仕立てになっています。多様な機能が集約された大型のセンターインフォメーションディスプレイがインパネ中央に配され、最新のSUBARU共通のインターフェイスの採用により、実用性と利便性が向上。

走りでは、アクティブトルクスプリットAWDの制御が刷新され、応答性やハンドリング、コーナリング性能も高められています。走行シーンを問わず、意のままに操れる快適な走りを実現したとしています。

搭載されるパワーユニットは、2.0L水平対向4気筒エンジン。振動、騒音を低減することで動的質感を高めるとともに、新規グレードには、182hp/178lb-ftというアウトプットの2.5L水平対向4気筒エンジンが積まれています。

●進化した「スバルグローバルプラットフォーム」を採用

また、先述したように、2ピニオン電動パワーステアリングの採用もトピックス。なめらかでリニアなトルク伝達が可能になり、ダイレクトで自然な操舵フィーリングが得られたそうです。

SUBARUインプレッサ
新型インプレッサのフロントマスク

同時に、応答遅れのないレスポンスに優れたステアリングフィールを実現。プラットフォームは、「スバルグローバルプラットフォーム」を進化させ、フルインナーフレーム構造の採用、構造用接着剤の適用拡大、サスペンション取り付け部の剛性を向上など、クロストレックと同じメニューが並んでいます。これらにより、従来型よりさらに高いレベルの動的質感を実現したとしています。

SUBARUインプレッサ
新型インプレッサのサイドビュー

さらに、こちらもクロストレックと同様に、骨盤を支えるシート構造が採用され、仙骨を押さえることで、車体の揺れが頭部へ伝わることを防ぎます。これにより、ステアリング操作に伴うロールや、路面のうねりで身体が大きく揺さぶられたときでも、快適な乗り心地を実現。助手席乗員のクルマ酔いも軽減させることができそうです。

最新の予防安全性能も与えられています。新世代「アイサイト」が全車に標準装化され、視野角が従来型の約2倍に拡大。画像認識ソフトや制御ソフトが改良され、より広く遠い範囲まで認識できるようになったそう。

スバルが最近採用している電動ブレーキブースターが搭載され、衝突被害軽減ブレーキの自転車の急な飛び出しなど、応答性が向上。また、全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール使用時において、急な先行車の割り込みなどに対する素早い減速も得られるそう。

●スポーティな「RS」グレードを新設

安心、安全は安全装備だけではありません。後席シートベルトリマインダーが全車に標準化され、車外に出る前に、後席確認の案内をすることで、後席の子どもやペットの置き去りを防ぐことができます。

使い勝手も進化しています。エアコンは、ドライバーシートのみ、フロントシートのみ、全席と、各席でのコントロールが可能な集中送風モードが新たに設定され、快適性と燃費向上に寄与。

SUBARUインプレッサ
新型インプレッサのエクステリア

また、一部グレードに「STARLINK」対応の11.6インチマルチインフォメーションディスプレイを備え、「Apple CarPlay」だけでなく、「Android Auto」のワイヤレス接続も可能です。また、「STARLINK」の追加サービスとして、スマホ・アプリでのリモートロック、アンロック機能、リモートクラクション・ライト機能、リモート車両位置確認機能も使えます。

SUBARUインプレッサ
「RS」のロゴエンブレム

新グレード「RS」の設定も見逃せません。1998年に発売され、アメリカ市場でWRXの先駆車になった「2.5 RS」を彷彿とさせる「RS」グレードは、高出力の2.5L水平対向エンジンを搭載。8段階マニュアルモードとパドルシフトを備えるほか、「RS」オーナメントをフロントドアやバックドアに配置。

さらに、18インチアルミホイール、ブラック塗装のフロントグリル、サイドスポイラー、ドアミラーなどからなる専用エクステリアは、よりスポーティで引き締まったエクステリアになっています。

SUBARUインプレッサ
SUBARUインプレッサの外観

インテリアには、カーボン調インナートリムやレッドカラーのシートバック、高質感な革が採用されたステアリングホイールとシフトノブが採用された専用の仕立てになっています。また、メーカーオプションで、Harman/Kardonオーディオシステム(10 スピーカー)、電動サンルーフ、ランバーサポート付き10ウェイパワーシート(運転席)も設定されます。

●ボディサイズ:全長176.2×全幅70.1×全高58.3inch(全長約4475×全幅約1780×全高約1480mm)

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。