第8戦もてぎGT500決勝、STANLEY NSX-GTのポールtoウィンと2位に食らいついてチャンプ獲得のカルソニック IMPUL Z【SUPER GT 2022】

■ランキングトップがペナルティなど動きの激しい序盤

スターティンググリッドへ向かうGT300とGT500のポールシッター
スターティンググリッドへ向かうGT300とGT500のポールシッター

11月5日(土)・6日(日)に栃木県のモビリティリゾートもてぎで開催された、2022 AUTOBACS SUPER GT 第8戦(最終戦)「MOTEGI GT 300km RACE GRAND FINAL」。6日(日)には決勝レースが行われました。

STANLEY NSX-GT
ポールポジションのSTANLEY NSX-GT

11月ともなると日没も早まることから、300kmの決勝レースは13時からスタート。そのスタートは、栃木県警の白バイやパトカーによるパレードラップから始まり、フォーメーションラップを経て行われます。

スタートでは、ポールポジションの100号車 STANLEY NSX-GTの牧野任祐選手が好スタートをキメてホールショット!

スタートラップの様子
スタートラップの様子

予選2位の19号車 WedsSport ADVAN GR Supraと、予選3位の12号車 カルソニック IMPUL Zが続きますが、カルソニック IMPUL ZはWedsSport ADVAN GR Supraに激しいプレッシャーをかけてきます。

序盤の2位争い
序盤の2位争い
2周目にはトップと2番手が大きく離れる
2周目にはトップと2番手が大きく離れる

4番手の3号車 CRAFTSPORTS MOTUL Z と、5番手の8号車 ARTA NSX-GTも激しいバトルを展開し、接触があったのかARTA NSX-GTがグラベルにはじき出されます。これにより、CRAFTSPORTS MOTUL Zにドライブルーペナルティが課せられ、チャンピオン争いから少し遠のいてしまいます。

また、マシントラブルがあったのか、23号車 MOTUL AUTECH Zが9周目に緊急ピットインするなど、序盤から動きの激しいレース展開となりました。

●多重クラッシュに追突事故! 立て続けに起きたアクシデント

そんな9周目の第3コーナーで、10番手争いをしていた36号車 au TOM’S GR Supra、24号車 リアライズコーポレーション ADVAN Z、39号車 DENSO KOBELCO SARD GR Supraの前を行くGT300の30号車が、au TOM’S GR Supraと接触しスピン。そこに、後続のリアライズコーポレーション ADVAN ZとDENSO KOBELCO SARD GR Supra、そしてGT300の25号車 HOPPY Schatz GR Supraが相次いで追突という多重クラッシュが発生。

これによりフルコースイエロー(FCY)が出されます。そして散乱するパーツ類のデブリ回収などのためにセイフティーカー(SC)が導入されます。

チャンピオンを争うランキング2位と1位
チャンピオンを争うランキング2位と1位
カルソニック IMPUL Z
カルソニック IMPUL Zのピット作業

そのSCランの最中のメインストレートで、今度はGT300マシン2台による大クラッシュが発生。追突された側は後ろ半分が完全に破壊され、追突した側もフロント部がエンジンむき出しになるほどのダメージを追います。このクラッシュによりメインストレートを通過することが出来なくなり、SCランはピットロードを使用して続けられることとなりました。

2つのアクシデントにより、SCが解除されたのは21周目で、その翌週にはミニマムスティントでのドライバー交代が可能な周回数である22周目となります。

●危なげない独走でSTANLEY NSX-GT優勝。そしてチャンプはあのチーム!

22周目から24周目までに、au TOM’S GR Supra以外のチームは全てドライバー交代を行い、この時点での実質トップはSTANLEY NSX-GT。2番手にはカルソニック IMPUL Z、3番手には14号車 ENEOS X PRIME GR Supra、4番手には17号車 Astemo NSX-GT、5番手にはドライブスルーペナルティの後にここまで順位を上げてきたCRAFTSPORTS MOTUL Z。

終盤のトップ3台
終盤のトップ3台

CRAFTSPORTS MOTUL Zがチャンピオンを獲得するためには、カルソニック IMPUL Zの前でチェッカーを受けなくてはなりません。そのために、目の前のAstemo NSX-GTを抜いて4位に浮上していきます。しかしその先が続かず、ENEOS X PRIME GR Supraとは一定の距離を保ったままレースが進んでいってしまいます。

トップを追うカルソニック IMPUL Z
トップを追うカルソニック IMPUL Z

優勝は100号車 STANLEY NSX-GTとなり、最終戦で見事なポールtoウィンを決めました。そのSTANLEY NSX-GTはウイニングラップでマシンがストップ。余裕の圧勝にも見えたSTANLEY NSX-GTでしたが、実はギリギリの積み重ねでの勝利だったのです。

優勝のSTANLEY NSX-GTのドライバーと監督
優勝のSTANLEY NSX-GTのドライバーと監督

2位は12号車 カルソニック IMPUL Z、3位は14号車 ENEOS X PRIME GR Supraとなり、3メーカーが表彰台を分け合うこととなりました。

カルソニック IMPUL Z
カルソニック IMPUL Zチャンピオンの瞬間

この結果、2位でフィニッシュした12号車 カルソニック IMPUL Zの平峰一貴/ベルトラン・バゲット組が、ドライバーチャンピオンとチームチャンピオンの両方を獲得します。そしてTEAM IMPULとしては1995年の全日本GT選手権以来、27年ぶりのチャンピオン獲得となりました。

パルクフェルメでチャンピオンを喜ぶカルソニック IMPUL Zのドライバー
パルクフェルメでチャンピオンを喜ぶカルソニック IMPUL Zのドライバー
GT500の表彰式
GT500の表彰式

2022シーズンは、NISSAN Z GT500がデビューイヤーにチャンピオンを獲得という展開となりましたが、来年のSUPER GTはどんなドラマを見せてくれるのでしょうか?

2023年のSUPER GTは4月16日(土)、17日(日)に岡山国際サーキットで開幕です。

【SUPER GT2022 第8戦 もてぎ GT500 決勝結果】

順位 ゼッケン 周回数 車名 ドライバー
優勝 100 63周 STANLEY NSX-GT 山本尚貴 牧野任祐
2位 12 63周 カルソニック IMPUL Z 平峰一貴 ベルトラン・バゲット
3位 14 63周 ENEOS X PRIME GR Supra 大嶋和也 山下健太
4位 3 63周 CRAFTSPORTS MOTUL Z 千代勝正 高星明誠
5位 17 63周 Astemo NSX-GT 塚越広大 松下信治
6位 37 63周 KeePer TOM’S GR Supra サッシャ・フェネストラズ 宮田莉朋
7位 19 63周 WedsSport ADVAN GR Supra 国本雄資 阪口晴南
8位 8 63周 ARTA NSX-GT 野尻智紀 福住仁嶺
9位 36 63周 au TOM’S GR Supra 坪井 翔 ジュリアーノ・アレジ
10位 38 63周 ZENT CERUMO GR Supra 立川祐路 石浦宏明
11位 16 63周 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT 笹原右京 大湯都史樹
12位 64 63周 Modulo NSX-GT 伊沢拓也 大津弘樹
13位 23 60周 MOTUL AUTECH Z 松田次生 ロニー・クインタレッリ
24  8周 リアライズコーポレーション ADVAN Z 佐々木大樹 平手晃平
39  8周 DENSO KOBELCO SARD GR Supra 関口雄飛 中山雄一

(写真:吉見 幸夫/文:松永 和浩

この記事の著者

松永 和浩

松永 和浩 近影
1966年丙午生まれ。東京都出身。大学では教育学部なのに電機関連会社で電気工事の現場監督や電気自動車用充電インフラの開発などを担当する会社員から紆余曲折を経て、自動車メディアでライターやフォトグラファーとして活動することになって現在に至ります。3年に2台のペースで中古車を買い替える中古車マニア。中古車をいかに安く手に入れ、手間をかけずに長く乗るかということばかり考えています。