ヤマハ発動機から大人気の通学向け電動アシスト自転車「PAS Ami」「PAS RIN」の2023年モデルが発売

■コンパクトで操作、視認しやすい新設計の「スマートクロックスイッチ」を搭載

地方などを中心に、バスやローカル線などの交通公共機関が廃止されもしている中、通学で電動アシスト自転車が重要な役割を担っています。ヤマハ発動機は、通学向けとして人気を集めている電動アシスト自転車の「PAS Ami(パス アミ)」と「PAS RIN(パス リン)」の2023年モデルを1月31日に発売します。

ヤマハ発動機 AS Ami
「PAS Ami」の「マットインディゴ」

この2モデルは、山道などでの上り坂における高回転ペダリング時でものびやかで快適なアシストフィーリングを備え、状況に合わせて自動でアシスト力を制御する「スマートパワーアシスト」が搭載されています。

長距離の通学でも安心の大容量バッテリー(15.4Ah)、大型のバスケットなど通学向けの装備も充実。また、サークル錠が車体後方に設置されているため、自転車がズラリと並ぶ学校などの狭い駐輪場での駐輪時も鍵へのアクセスが容易です。

2023年モデルでは、ほかの電動アシスト自転車のラインナップと同様に、時計の表示が大きくなり、視認性が高くなった新設計の「スマートクロックスイッチ」が備わり、操作性の向上が図られています。

ヤマハ発動機 電動アシスト自転車
操作、視認しやすい新設計の「スマートクロックスイッチ」

走行モード切替ボタンでは、アシストダウンボタンに比べてアシストアップボタンが大型化されたほか、上下非対称にすることで走行中も操作がしやすい形状になっています。

また、各種操作ボタンの配置に加え、選択中の走行モード、バッテリー残量など瞬時に確認できるディスプレイの情報配置になっています。そのほか、目と耳でバッテリーの残量確認ができるバッテリー残量低下お知らせ機能も用意されています。

「かわいいと実用性を両立した通学車」をコンセプトに掲げた「PAS Ami」は、こうした便利装備や機能、ナチュラルで女性らしい外観デザインが特徴となっています。2023年モデルのカラーは、上質感があり、落ち着いた雰囲気の「マットインディゴ」が新たに設定され、「シアンブルー」「マカロンラテ」「マットライトグレー(つや消し)」の計4色を設定。

ヤマハ発動機 PAS RIN
「PAS RIN」の「マカロンラテ」

もう1台の「PAS RIN」は、「シンプルでかっこいい通学車」がテーマ。上記の便利装備や機能はもちろん、ストレート基調のフレームなどによるスポーティでユニセックスなデザインが目を惹きます。

2023年モデルのカラー展開では、カジュアルなムードが漂う「マカロンラテ」が新たに設定され、継続色の「ソリッドグレー2」「スノーホワイト」「マットオリーブ(ツヤ消し)」「マットブラック(ツヤ消し)」の全5色。

筆者は、高校時代に30分以上かけて自転車通学していたので、こうした頼もしい機能や装備を備えた電動アシスト自転車が羨ましく感じます。

<PAS Ami>
●サイズ:全長1825×全幅590×サドル高760~895mm
●一充電あたりの走行距離:強モード:57km/スマートパワーモード:63km/オートエコモードプラス:96km
●価格:15万1800円

<PAS RIN>
●サイズ:全長1855×全幅590×サドル高750~895mm
●一充電あたりの走行距離:強モード:59km/スマートパワーモード:66km/オートエコモードプラス:94km
●価格:14万7400円

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。