レンジローバー「イヴォーク BRONZE COLLECTION CURATED FOR JAPAN」日本独自企画の限定150台が受注開始

■「コリンシアンブロンズペイント」コントラストルーフ、20インチアルミホイールなどを用意

「レンジローバー」ブランドで最もコンパクトなイヴォークに、特別仕様車「RANGE ROVER EVOQUE BRONZE COLLECTION CURATED FOR JAPAN」が設定され、2022年11月8日(火)から受注が開始されました。同特別仕様車は、車名からも分かるように日本独自の企画で、限定150台になっています。

レンジローバー・イヴォーク
「RANGE ROVER EVOQUE BRONZE COLLECTION CURATED FOR JAPAN」のエクステリア

スタイリッシュな内外装がイヴォークの美点であり、同モデルはデザインと充実装備が魅力の「BRONZE COLLECTION」がベース。

レンジローバー・イヴォーク
こちらのボディカラーは「ソウルパールシルバー」

「ソウルパールシルバー」「サントリーニブラック」「カルパチアングレイ」の3色のボディカラーに、新型「RANGE ROVER SV SERENITY」を思い起こさせる「コリンシアンブロンズペイント」のコントラストルーフ、さらに足元には20インチの「スタイル5076」アルミホイール(サテンダークグレイフィニッシュ)がコーディネイトされています。

レンジローバー・イヴォーク
クラウドとエボニーの2色が組み合わされたインテリア

また、クラウドとエボニーの2色が組み合わされたインテリアは、「プレミアムキャビンライティング」「ワイヤレスデバイスチャージング」「コールドクライメートパック」など、利便性と快適性がアップグレードされています。

さらに、「アダプティブダイナミクス」や「オートハイビームアシスト(AHBA)」、ドライブレコーダーなどにより、走りと安全性も高められています。

レンジローバー・イヴォーク
20インチの「スタイル5076」アルミホイール

そのほか、「スタイルバルブキャップ(ユニオンジャックブラック)」、運転席12ウェイ&助手席10ウェイ電動フロントシート(ヒーター、2ウェイマニュアルヘッドレスト付)&リヤシート(ヒーター、センターアームレスト付)、サテンクロームのパドルシフト、スポーツペダルカバー、「プレミアムキャビンライティング」、パワーテールゲートなどが備わります。

●価格
ソウルパールシルバー:829万円(限定65台)
サントリーニブラック:829万円(限定20台)
カルパチアングレイ:833万円(限定65台)

(塚田 勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。