AMG創業55周年を記念した特別仕様車「A 45 S Edition 55」「CLA 45 S Edition 55」の予約注文が開始

■専用「マット チタニウムグレー」のアルミホイール、「AMGパフォーマンスシート」などを装備

2022年10月31日(月)、AMGの創業55周年を記念した特別仕様車「メルセデスAMG A 45 S 4MATIC+ Edition 55(A 45 S Edition 55)」「メルセデスAMG CLA 45 S 4MATIC+ Edition 55(CLA 45 S Edition 55)」が発表されました。デリバリーは「A 45 S Edition 55」が同日から、「CLA 45 S Edition 55」は2022年11月より順次開始される予定です。

メルセデスAMG A45
「メルセデスAMG A 45 S 4MATIC+ Edition 55」のエクステリア

設定されるボディカラーは、「コスモスブラック(限定各30台)」「デジタルホワイト(限定各25台)」の2色。

ハイグロスブラックのリヤウイングが「A 45 S Edition 55」に備わり、リヤスポイラーリップが「CLA 45 S Edition 55」に用意され、迫力あるリヤビューになっています。

メルセデスAMG CLA45
「メルセデスAMG CLA 45 S 4MATIC+ Edition 55」のエクステリア

さらに、ディフューザーブレード、大型フロントスプリッター、サイドシル、ドアミラーハウジング、ブラッククロームペイントが施されたラジエターグリルやエグゾーストエンドが備わり、ブラックが光るスポーティなエクステリアが演出されています(外装色がコスモスブラックの場合は、ボディ同色)。

メルセデスAMG A45
「A 45 S Edition 55」のサイド、リヤビュー

さらに、専用「マット チタニウムグレー」の19インチAMGクロス スポークアルミホイールが足元を引き締め、専用デカールなども特別装備されています。

メルセデスAMG CLA45
「CLA 45 S Edition 55」の外観

一方のインテリアにも、特別仕様車専用の「Edition 55」バッジが付く「レザーDINAMICA」仕様の「AMGパフォーマンスステアリング」が備わり、特別仕様車らしい雰囲気が醸し出されています。

メルセデスAMG A45 CLA45
AMG55周年を記念した専用バッジがステアリングに備わる

さらに、暑い時期のシートと接する部分の蒸れを防ぐ前席シートベンチレーター、前席マルチコントロールシートバックを備えた「AMGパフォーマンスシート」「AMGリアルパフォーマンスサウンド」「AMG RIDE CONTROLサスペンション」なども標準化されています。

搭載されるパワーユニットは、両モデルともにパワフルな2.0L直列4気筒ターボ。最大過給圧2.1バールに達するターボエンジンは、最高出力421PS(310kW)・最大トルク500Nmというアウトプットで、AMGモデルにふさわしい動力性能を確保。

また、シャーシやサスペンション、四輪駆動システムや横滑り防止装置であるESPの制御など、すべてに最新技術が投入されています。

メルセデスAMG CLA45
「CLA 45 S Edition 55」のインパネ

駆動方式は、パフォーマンス志向のトルク可変配分四輪駆動「AMG 4MATIC+」で、最大限のトラクションを発揮。トルクの前後配分は、状況に応じて連続可変制御され、前後「100:0」から「50:50」までの範囲で可変されます。

なお、両特別仕様車は、すでに予約注文の受付が終了している場合もあり、来店する前に販売店まで問い合わせするようにアナウンスされています。

●価格
「メルセデスAMG A 45 S 4MATIC+ Edition 55」:1055万円(ステアリング位置:右)
「メルセデスAMG CLA 45 S 4MATIC+ Edition 55」:1128万円(ステアリング位置:右)

(塚田 勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。