アウディ「A4 アバント」次期型を発見。最新プロトタイプから特徴を予想してみた

■次期型ワゴンのプロトタイプをニュルブルクリンクでキャッチ

アウディは現在、主力モデル「A4」次期型を開発中ですが、その派生ワゴンモデルとなる「A4 アバント」市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

アウディ A4 アバント_001
アウディ A4 アバント 次期型プロトタイプ スパイショット

ニュルブルクリンクで捉えたプロトタイプは、ボディ全体を渦巻き模様でカモフラージュ。それでもすぐに次期型とわかる、進化したボディが見てとれます。

フロントエンドでは、六角形を維持しながらも、現行型よりスリムに、そしてワイド化されたグリルを装備。グリルの両端はヘッドライトまで伸びています。

下部には台形のエアインテークが設けられ、その中央にセンサーが配置されているほか、バンパー両サイドには垂直のエアカーテンが確認できます。

アウディ A4 アバント_006
アウディ A4 アバント 次期型プロトタイプ スパイショット

側面からは、新設計のフラッシュマウントドアハンドルと、長いルーフがリアエンドに向かって緩やかに下降している様子が窺えます。

後部には、プレースホルダー(ダミーコンポーネント)のテールライトが装備され、ドライバー側にシングルエキゾーストパイプがインストールされています。

●ディスプレイは現行より大幅に大型化する模様

キャビン内では、自立型のデジタルインストルメントクラスターと、フローティングインフォテインメントシステムを装備、ディスプレイは現行型より大幅に大型化される模様です。

ギアセレクターはコンソールに配置、次期型ではマニュアルトランスミッションのオプションは廃止される可能性が高いようです。またステアリングホイールは「Q4 e-tron」と共有すると見られます。

アウディ A4 アバント_011
アウディ A4 アバント 次期型プロトタイプ スパイショット

市販型では、「MLB」プラットフォームのアップデートバージョンを採用、2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン+電気モーターのプラグインハイブリッドをはじめ、マイルドハイブリッド、ガソリン、ディーゼルなどのオプションを含むさまざまなパワートレインが期待できるでしょう。

次期型A4、およびA4アバントの登場は、2023年後半と予想されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?