ジャガーXE、XF、XFスポーツブレイクが2023年モデルにスイッチ。XEとXFに最高出力300PSの「300 SPORT P300」を設定

■標準装備やオプションも見直し、多彩な選択肢を用意

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、2022年10月4日(火)、Dセグメントのスポーツサルーン「XE」、Eセグメントの「XF」とステーションワゴンである「XF SPORTBRAKE」の2023年モデルの受注を開始しました。

ジャガー XF
ジャガーXFのエクステリア

2023年モデルでは、「XE」と「XF」に最高出力を300PSにまで向上した2.0L直列4気筒INGENIUM(インジニウム)ガソリンターボを搭載するスポーティグレード「300 SPORT P300」が追加されたのがトピックス。「ブラックコントラストルーフ」や「ブラックエクステリアパック」など、ブラックの加飾でエクステリアを引き締めています。

ジャガーXE
ジャガーXEの2023年モデル

「アダプティブダイナミクス&コンフィギュラブルダイナミクス」も標準装備され、シフトスケジュールやスロットルマッピングなどの設定ができるほか、足まわりの設定も走りや好みに応じて変更できます。

装備やオプションも見直されています。

「R-DYNAMIC SE」に「MERIDIANサウンドシステム」「ワイヤレスデバイスチャージング(「XE」のみ)」が標準化され、「プレミアムブラックパック」や「ブラックコントラストルーフ」などのオプションも加わり、幅広い好み・ニーズに応えています。

ジャガーXE
XEのリヤビュー

「XE」のパワーユニットは2種類の2.0L直列4気筒INGENIUMガソリンエンジン(P250:最高出力184kw/250PS・最大トルク365Nm/P300:最高出力221kW/300PS・最大トルク400Nm)のほか、最高出力150kW/204PS・最大トルク430Nmを誇る2.0L直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジン(MHEV)の計3タイプ。

ジャガーXE
ジャガーXEのインパネ

「XF」「XF SPORTBRAKE」は、最高出力150kW/204PS・最大トルク430Nmを発揮する2.0L直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジン(MHEV)をはじめ、2.0L直列4気筒INGENIUMガソリンエンジン(P250:最高出力184kw/250PS・最大トルク365Nm/P300:最高出力221kW/300PS、最大トルク400Nm)の計3種類となっています。

●価格帯
「ジャガーXE」:599万円〜815万円
「XF」:714万円〜979万円
「XF SPORTBRAK」:760万円〜878万円

(塚田 勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。