「トヨタ2000GT」スピードトライアルで世界記録。価格はクラウンの約2倍の238万円【今日は何の日?10月4日】

■トヨタ2000GTの卓越した性能を実証したスピードトライアルへ挑戦

1966年にスピードトライアルで世界記録を樹立したトヨタ2000GT。発売は、1967年5月
1966年にスピードトライアルで世界記録を樹立したトヨタ2000GT。発売は、1967年5月

トヨタは「トヨタ2000GT」発売の前年、1966(昭和41)年の10月1日~4日にかけて、日本車初のスピードトライアル挑戦を敢行しました。

そして10月4日に見事完走を果たし、最終的に48時間/72時間/1万5000kmの世界記録と、13のEクラス国際記録を樹立しました。

●1965年東京モーターショーで衝撃のデビュー

トヨタは、「トヨペットクラウン」の発売から10年後、1965年の第12回「東京モーターショー」に、ヤマハと共同開発したトヨタ2000GTのプロトタイプを出品しました。

当時は、1963年に始まった日本GPを頂点にしたモータースポーツが盛り上がりを見せ、各メーカーは高性能スポーツを開発し、レースで勝つことに注力していました。

そのような中で登場した2000GTは、詳細は公表されませんでしたが、純白のバランスの取れた流線形のスタイリングと豪華なインテリアで見るものを魅了しました。東京モーターショーで展示されたのは、プロトタイプ第1型の6台のうちの1台で、その中には後にスピードトライアルに挑戦した1台も含まれていました。

●トヨタ2000GTがスピードトライアルで世界記録樹立

ロングノーズ・ショットデッキに、ポップアップ式ヘッドライトを装備したトヨタ2000GT
ロングノーズ・ショートデッキに、ポップアップ式ヘッドライトを装備したトヨタ2000GT

東京モーターショーの翌年、また発売の前年となる1966年10月1日~4日、トヨタは2000GTの性能をアピールするため、茨城県・谷田部にあった日本自動車研究所・高速試験場で、日本初のスピードトライアルに挑戦しました。

スピードトライアルとは、FIA(世界自動車連盟)公認のもとで、文字通りスピードを競うチャレンジ。速度記録は、絶対的な世界記録と、クラス分けされたクラス最速記録に分けられます。

ショートデッキスタイルに実用的なファストバックに上開きのテールゲート
ショートデッキスタイルは実用的なファストバックに上開きのテールゲート

10月1日、2000GTは3日後のゴールを目指してスタート。まず、クーパーの持つ6時間の国際記録を更新、その後も順調にラップを重ねます。2日目の風雨の悪天候を乗り越え、10月3日には走行48時間の世界記録203.9km/hを達成。そして、スタートから78時間3分後の10月4日午後4時9分にチェッカーフラッグを受けます。

最終的に48時間/72時間/1万5000kmの世界記録と、13のEクラス国際記録を樹立。このチャレンジによって、2000GTの性能が世界のトップであることを実証したのでした。さらに、翌年の発売1ヶ月前の1967年4月には、富士24時間レースで余裕の1-2フィニッシュも飾りました。

●レースで数々の実績を上げてトヨタ2000GTがついに市販化

発売前に数々の記録を打ち立てたトヨタ2000GTがデビューしたのは、1967年5月16日でした。

ロングノーズにリトラクタブルライトを組み込んだ流線型ボディに、インテリアはローズウッド材のインパネやレザーのバケットシートなどを装備して、スポーティかつ高級感を演出。

ヤマハ主導で開発したエンジンは、2.0L直6 DOHCにソレックス・キャブ3連装を組み合わせ、最高出力は150PSを誇りました。トランスミッションは5速MT、ステアリングはラック&ピニオン、サスペンションは前後ともダブルウィッシュボーン、ブレーキは4輪サーボ付きディスクと、当時の最新技術が投入されました。

最高速度220km/h、0→400mは5.9秒、0→100km/hは8.6秒と、数々のレースで実証された卓越した動力性能が大きな魅力でした。

車両価格も破格で、当時のクラウンの約2倍の238万円、大卒初任給が2万5000円の時代だったので、今なら2000万円程度でしょうか、まさしく庶民には手の届かないスーパーカーでした。


当時の先進技術すべてを盛り込んだ2000GTは、50年以上経った今でも多くの伝説が語り継がれています。日本の技術が、世界レベルに到達したことを実証した歴史的なクルマだったのです。

毎日が何かの記念日。今日がなにかの記念日になるかもしれません。

Mr.ソラン

この記事の著者

Mr. ソラン

Mr. ソラン 近影
某自動車メーカーで30年以上、自動車の研究開発に携わってきた経験を持ち、古い技術から最新の技術までをやさしく解説することをモットーに執筆中。もともとはエンジン屋で、失敗や挫折を繰り返しながら、さまざまなエンジンの開発にチャレンジしてきました。EVや燃料電池の開発が加速する一方で、内燃機関の熱効率はどこまで上げられるのか、まだまだ頑張れるはず、と考えて日々精進しています。夢は、好きなクルマで、大好きなワンコと一緒に、日本中の世界遺産を見て回ることです。