ボルボのフラッグシップサルーン「S90」後継のEVモデル、これが最終デザインだ

■ヘッドライトはよりスリムに、グリルとフロントバンパーもシンプルにデザイン

ボルボは2030年までにフルエレクトリックブランドになることを発表していますが、そのラインアップに含まれる予定のフラッグシップセダン、「S90」次世代型の予想CGを入手しました。

ボルボ S90_003
ボルボ S90 後継EVモデル 予想CG

第2世代となる現行型S90は2017年に登場、2020年には一部改良が行われていますが、EVへ加速するブランドにとって次世代型はフルエレクトリックとなると予想されます。

ボルボ S90_005
ボルボ S90 後継EVモデル 予想CG

同ブランドは2021年に「リチャージコンセプト」を発表、将来のデザイン言語を披露しましたが、まだこのデザインを取り入れたモデルは登場していません。

この進化したブランドアイデンティティは、クロスオーバー/SUVでデビューする可能性が高いですが、デジタルアーティストのTheottle氏はセダンで表現しました。

スリークォーターのレンダリング(フロントとリア)は、現行型のボルボS90に基づいており、同じプロポーションとスタンスを保持しています。ただし、すべてのボディパネルはデジタル加工で新設計されています。

フロントエンドでは「トールハンマー」のグラフィックが施されたLEDヘッドライトがよりスリムになり、グリルとフロントバンパーは現行型よりもすっきりと見えます。また、クロムの使用が大幅に減り、引き締まったフェンダーはエアロスタイルのアロイホイールを強調、フラッシュドアハンドルは抗力の低減に貢献するはずです。

リアエンドでは、テールゲートを囲む全幅のLEDテールライトと、シンプルなリアバンパーが確認できます。

現在ボルボでは、SUVが総売上高の75%を占めますが、セダンとエステートにも力を入れています。しかし、これは同ブランドがS60/V60とS90/V90の両方のラインを継続することを意味するものでなく、今後の状況によっては、ハイライディングスタイル、あるいはモデルの統合などが計画される可能性もあります。

ですが、フラッグシップセダンは重要な位置づけとみられ、後継モデルは存続することは間違いないと思われます。

S90次世代型/後継モデルの登場は2025年と予想されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?